自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「 ktsteavensの記事 」 一覧

子宮体がんとHNPCC(遺伝性非ポリープ型大腸がん)

2015/05/12   -子宮がん

女性は排卵すると、多少のむくみ、便秘傾向になり、人によっては鬱状態になったり、精神的・行動的に異常を示したりなどが自覚され、月経のピークが過ぎると、頭痛が取れ、意欲的になり、便秘も解消するなどの周期的 ...

食道がんの生存率は?

2015/05/09   -食道がん
 

■内視鏡的治療の5年生存率は約88パーセント がんのなかでも食道がんは悪性度が高く、かつて長期生存が難しいといわれていた時期もありました。しかし、診断・治療法、術後管理などの進歩により近年は生存率が大 ...

食道がん退院後の通院検査はどのくらいの期間で?

2015/05/09   -食道がん
 

■体調だけでなく生活や食事のチェックもする 医療機関と自宅ではどうしても食事が大きく違ってきます。食事指導は受けても、実際に自宅での生活を始めると、困ったり迷ったりすることもあるでしょう。 そこで、退 ...

食道がんの緩和医療

2015/05/09   -食道がん
 

がんのように生命を脅かす病気に対しては、緩和医療の考え方がたいへん重要になります。緩和医療とはがんなどに直面している人とその家族に対し、身体的、心理的、社会的、精神的な問題を正確にみすえて解決し、苦痛 ...

食道がんの内視鏡治療「スネアやナイフで粘膜ごとがんを切除」

早期の食道がんの場合、内視鏡を使った治療を受けることができます。具体的には、深さが粘膜固有層内にとどまっていて、食道を輪切りにしたとき、3分の2周以内のがんが対象です。 方法は主に2つあります。ひとつ ...

食道がん手術の合併症と後遺症~呼吸器の機能低下や声帯マヒなども

食道がんの手術は身体的負担が大きいことから、術後にさまざまな合併症を起こす危険性があります。消化器がんのなかでも合併症が起こる確率がかなり高いのが現状です。 起こりやすいのは、呼吸器系の合併症や、声帯 ...

食道がん治療の前に必要な検査

2015/05/05   -食道がん
 

手術などの治療の前には特に念入りに全身を調べることになります。 麻酔技術などの向上で、現在は手術療法もより安全におこなわれるようになりました。しかし、食道がんの手術のなかでも胸やおなかを開くものは大き ...

食道がんの種類:9割以上が扁平上皮がん。腺がんが増加中

がんの診断では、がんの種類を特定しておくことも大切です。種類によって性質が異なり、効果的な治療法も違うためです。 食道がんは、主に扁平上皮がんですがまれに腺がんもあります。扁平上皮がんは、粘膜を覆う粘 ...

禁酒と禁煙が食道がんの予防に役立つ

■がんの危険因子を避ければがんのリスクを減らせる 毎日大量のお酒を飲む習慣や、長期間の喫煙習慣は食道がんの発症リスクを高めてしまいます。ですから食道がんの予防には、まずは禁煙が欠かせません。 飲酒に関 ...

食道がんは同時多発しやすい。喉頭や胃に注意

2015/05/05   -食道がん
 

食道がんがあると、食道以外にも複数の場所にがんが発生していることがあります。ほかの臓器にもがんが見つかることがあるため、がんの重複に注意が必要です。 食道がんでは、食道のあちこちに、同時にがんが発生し ...

食道がんは進行するまで無症状のことが多い

2015/05/05   -食道がん
 

食道がんは、早期にはほとんど症状がなく静かに進行していきます。進行すると、食べ物が飲み込みにくくなるなどの症状が現れます。 ■がんが臓器を圧迫したり神経を侵したりして痛む がん自体は、痛みなどの症状を ...

転移性の肝臓がんでも用いられるラジオ波焼灼術

肝臓がんは肝臓から発生した原発性肝臓がんと、肝臓以外の臓器に発生したがんが血流に乗って肝臓にたどり着いて増殖した転移性肝臓がんに分かれます。 日本では原発性肝臓がんで死亡する人は肺がん、胃がん、大腸が ...

最先端のがんワクチン療法とは

ワクチンとは毒性を弱めた病原体を使った医薬品です。 通常、ワクチンは、体を守る仕組みである「免疫」に病原体の特徴を覚えさせ、感染症などを「予防」することを目的とします。 インフルエンザの予防接種なとが ...

受動喫煙と肺がんのリスク

自分ではたばこを吸わないけれども、家庭や職場でたばこの煙をあびている人は、(がんの予防なるといわれている)野菜や果物を食べる量が多くても少なくても、肺がんリスクが高いという結果があります。 フランス国 ...

乳がんとメラトニン(夜働く影響)

女性の乳がんの原因についての考えとして、「メラ卜ニン仮説」が提唱されています。 メラトニンは脳の松果体から分泌されるホルモンで、生体の時間リズムの調節にかかわっており、午前1~2時ころに分泌量が最大に ...

アルコール(お酒)の摂取と乳がんのリスク

アルコールと乳がんについての42件の疫学研究をまとめたところ、1日ワインをグラス1杯ていどの少量飲酒でも、乳がんリスクが1O%高くなりました。 米国ボストン大学のグループによるこの研究は、「米国疫学雑 ...

電磁波(電気毛布)と乳がんリスク

電気毛布から発生する電磁界によって、乳がんリスクが高まる可能性が言われていましたが、米国の看護婦を対象にした大規模な調査では、はっきりしたりスクの上昇はありませんでした。 ハーバード大学のグループによ ...

授乳と乳がんの関係とは

授乳と乳がんについて、これまでの疫学研究をまとめると、全体としてははっきりしませんが、閉経前の女性で、長期間の授乳経験がある場合に、リスクが下がる傾向がありました。 米国の国際疫学研究所の研究者による ...

双子のがんの遺伝的要因

がんの原因の大半は、遺伝的要因ではなく環境的要因によると考えられています。 ですが、2つの要因の影響が実際にどの程度のものなのか、まだよく分かっていません。双子を追跡調査して、がんの発生を調べることは ...

食物繊維と大腸がんの関連とは?

「食物繊維をたくさん食べると、大腸がんの予防になる」この考えを否定する研究が、2OOO年に相次いで3件報告され、世界中の研究者を驚かせたことがあります。3つの研究は、いずれも「無作為割付臨床試験」です ...

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.