自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「前立腺がん」 一覧

前立腺がんと手術用ロボ「ダビンチ」

2013/11/09   -前立腺がん
 

前立腺がんの手術は、尿道の根元を取り巻く前立腺を取り除くだけでなく、尿道をいったん切断した後、膀胱とつなぎ直すことになります。 高い技術が必要なのは、前立腺が体の奥にあるうえ、多くの血管が集まっていて ...

前立腺がんの標準的な治療方法

前立腺がんの治療は、早期なら「ホルモン療法」がもっとも有効です。 これは、前立腺がんの成長が、男性ホルモン(テストステロン)によって加速されるため、それを抑えてがんの増殖にブレーキをかけようとするもの ...

前立腺がんの検査と診断方法

かつて前立腺がんの検査では、尿道カテーテルを使った組織検査、すなわちペニスの先端から尿道に細いチューブを挿入し、前立腺の組織を採取して調べる方法などが行われていました。 しかし近年では、血液検査によっ ...

前立腺がんの自覚症状とは

前立腺がんの最初の自覚症状はすべて、排尿と射精に関係しています。 つまり、尿の出る勢いが弱い、断続的に出る、自分で排尿をコントロールしにくい(自在に出したり止めたりできない)、しばしば急激に尿意をもよ ...

前立腺がんの原因と発症リスクの高い人

前立腺がんが生じる原因としては、まず加齢があります。 このがんは45歳以前の男性にはほとんど発生せず、50歳を過ぎてから急に増えます。これは、加齢によってホルモンのバランスがくずれ、男性ホルモンが優位 ...

前立腺の働きと前立腺がん

2013/07/11   -前立腺がん
 

前立腺は、膀胱のすぐ下にあるクリほどの形と大きさをした臓器で男性生殖器の一部です 前立腺は尿道を取り巻いており、内部で尿道と射精管が合流しています。男性がオーガズムに達すると、精巣から送り出された精子 ...

前立腺がんになぜホルモン療法が効果的なのか

私たちの生殖器をつくっている細胞は、ホルモンの影響をとりわけ強く受けています。 そのため、生殖器にできたがんもまた、ホルモンの影響を強く受けます。つまりこれらのがんは、性腺がつくり出す性ホルモンが供給 ...

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.