がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

「 月別アーカイブ:2013年08月 」 一覧

がんの手術の前後に行われること

2013/08/31   -がん全体

患者は手術の1~2日まえに入院することが多いですが、糖尿病や高血圧があったり、肝 ...

新しい内視鏡によるがん手術機器「ダビンチ」

現在の日本で一般に使われている内視鏡には、いくつかの問題点があります。それを要約 ...

がん治療における内視鏡手術とは

21世紀のがん医療では患者のQOLが重視されており、内視鏡手術はこの傾向の反映だ ...

乳がんで術前化学療法(抗がん剤)を実施するケース

・しこりの大きさが2センチ以下で、わきの下のリンパ節に転移がある ・しこりの大き ...

手術のまえに抗がん剤治療をする意味とメリット

現在のがん医療は、早期のがんで根治が望めるばあい、手術が第1選択肢になっています ...

がんの検査「骨シンチグラフィ(骨シンチ)」とは

がんのなかには乳がん、肺がん、前立腺がんのように、とくに骨に転移しやすいものがあ ...

がんの検査「SPECT(単一光子放射断層撮影)」とは

「SPECT」とは静脈から「放射性同位元素」(RI)を注射し、3時間後に全身にい ...

がんの検査PET-CTとは?

PETはがんを発見する能力をもっていますが、がんの位置を特定する能力に欠けていま ...

がんのPET検査の方法 (陽電子放出断層撮影)

細胞は増殖するときブドウ糖をエネルギー源として使用しますが、活動のはげしいがん細 ...

がんのMRI検査(磁気共鳴撮影)

2013/08/30   -がん全体
 

「MRI」は電波と磁気で、からだのなかを調べる検査機器です。 われわれの体内には ...

がんの超音波(エコー)検査

「エコー」は名まえのとおり、超音波を使用する検査機器です。 人が聞きとることがで ...

がん検査のヘリカルCTとマルチスライスCT

■ヘリカルCT 従来のCT(ブレーンCT)では輪切りの間隔が広いため、1センチ程 ...

がんのCT(コンピュータ断層撮影)検査と被ばくリスク

「CT」は患者があおむけに寝る細長い台と、台をとりまくドーナツ状の装置(X線源) ...

がんの検査で行われるX線検査(レントゲン検査)

肺がんなどの検診に使われる「胸部X線検査」や、バリウムのような造影剤を使う「胃X ...

腫瘍マーカーの種類と対象となるがん

一般にがんの治療中や治療後に使われる腫瘍マーカーには、以下のようなものがあります ...

がんの腫瘍マーカーの役割とは

がんの手術や放射線治療がおこなわれたあとには、「腫瘍マーカー」が重要な役割をはた ...

抗がん剤による骨髄抑制という副作用

もっとも影響の強い、抗がん剤の副作用に「骨髄抑制」があります。 そもそも抗がん剤 ...

がんの治療中や治療後に必要な血液検査

がんの治療中や治療後のもっとも一般的な検査は「血液検査」です。 血液は全身をめぐ ...

がんの浸潤と転移・再発

人間のからだのなかには6O兆個の細胞があり、分裂・増殖をくり返しています。 この ...

がんのTNM分類とステージ分類

現在、世界的に広く使われているのは、国際対がん連合の「TNM」分類で、O期からⅣ ...