自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「肝臓がん」 一覧

転移性の肝臓がんでも用いられるラジオ波焼灼術

肝臓がんは肝臓から発生した原発性肝臓がんと、肝臓以外の臓器に発生したがんが血流に乗って肝臓にたどり着いて増殖した転移性肝臓がんに分かれます。 日本では原発性肝臓がんで死亡する人は肺がん、胃がん、大腸が ...

肝炎と肝臓がんの関係

がん全体の約10%が、ウイルスや細菌感染による慢性炎症によって起こるといわれています。 とくに日本では、B型およびC型肝炎ウイルスが、肝臓がんの原因の90%を占めるといわれています。出産時の母子感染、 ...

胆道がんの標準的な治療方法とは

胆道がんに対しては、黄疸が現れているときにはまずその治療を行います。 たとえ手術ができなくても、黄疸を緩和するだけで延命効果を期待できます。 黄疸を放置しておくと、短期間のうちに生命が危険にさらされま ...

胆道がんの検査と診断方法

黄疸などの異常がある場合、まず腹部の超音波検査と血液検査を行います。 超音波検査では、胆管の一部ががんでふさがり、たまった胆汁によってその上流の胆管が拡張している状態や、胆嚢に腫瘤が生じているなどの異 ...

胆道がんの自覚症状とは

胆道がんは早期発見が難しく、はっきりした初期症状もありません。 とりわけ胆嚢に生じたがんの場合、早期がんはほとんど、人間ドックでくわしく検査した際に発見されています。しかし、胆石症のために発熱や腹部の ...

胆道がんの原因と発症リスクの高い人

胆道がんを発症する最大の危険要因は胆石、つまり胆道内に生じる結石です。 とくに、胆嚢がん患者の実に50~70パーセントが、胆嚢にコレステロール性の胆石をもっているとされています。そして、胆石がある人の ...

胆道がんとは

2013/07/09   -肝臓がん
 

胆道がんは、膵臓がんと並んで治療がもっとも困難ながんのひとつです。 胆道とは、脂肪の消化を助ける消化液である「胆汁」の通路のことです。肝臓でつくられた胆汁は、胆管を通って十二指腸(小腸の最初の部分)ま ...

胆管細胞がんの標準的な治療法とは

胆管細胞がんの主要な治療法は、いまのところ、基本的に外科手術です。 手術ができない患者や、完全にがん細胞が切除できなかった患者に対しては、化学療法や免疫療法、放射線治療などが試みられます。胆管細胞がん ...

肝臓がんに放射線治療は可能か

肝臓がんに対する放射線治療は、とくに注目を浴びています。 肝臓は放射線に弱い臓器なので、かつてはがんを殺すために十分な量の放射線を当てると、肝臓も傷害を受け、生命に関わるという事態が起きました。しかし ...

肝臓に直接抗がん剤を入れる治療法

最近では、がんに向かう肝動脈をふさぐ前に抗がん剤を注入し、治療効果を高める方法が一般的となっています。 この治療には2種類の方法があります。 ①肝臓全体を治療の対象として主要な肝動脈をふさぐ方法と、 ...

肝細胞がんの標準的な治療法とは

肝細胞がんは近年、治療法の選択肢の幅が広がっているがんです。 しかし他方で、治療法の選択には最大限の慎重さが求められます。肝細胞がんの患者は、もともと肝炎や肝硬変を発症している人が多く、その場合、肝臓 ...

肝臓がんの検査と診断方法

肝細胞がんと胆管細胞がんはがんの性質が異なるため、診断方法も違います。 肝細胞がんは、肝炎ウイルスの感染者が発症する確率がたいへん高いことで知られています。そこで現在では、40歳以上の人を対象にして、 ...

肝臓がんの自覚症状

代表的な肝臓がんである肝細胞がんの患者のほとんどは、もともと肝炎や肝硬変を発症しています。 そのため、初期にはがんに特有の自覚症状はなく、肝炎や肝硬変による症状が中心となります。たとえば、食欲不振、倦 ...

肝臓がんの原因と発症リスクの高い人とは

肝臓がんでも、肝細胞がんと胆管細胞がんでは、リスクの高い人は異なります。 肝細胞がんには、誰でもがなるわけではありません。日本の場合、肝細胞がん患者のほとんど(80~90パーセント)は、肝炎ウイルスに ...

肝臓の働きと肝臓がん

肝臓がんは、治療がたいへん難しいがんのひとつです。 その理由は2つあります。第1の理由は、患者の多くが、がんが発生する前に、すでに肝臓自体が大きく損なわれていることです。そのため、積極的な治療を行うと ...

肝臓がん治療に使われる「肝動脈塞栓化学療法(TAE)」とは

化学療法では一般に、最初に生じたがんだけでなく転移したがんをも治療することになるため、患者の全身に視点をおいて治療が行われます。しかしこれとは逆に、抗がん剤を局所に投与し、治療を1カ所に集中させること ...

肝臓に直接抗がん剤を投与する方法「肝動脈塞栓療法」とは

肝動脈塞栓療法は、太腿の付け根の大腿動脈からカテーテル(管)を入れ、そこからゼラチンや薬剤を注入して肝動脈をふさぎ、がんに酸素や血液がいかなくなるようにして壊死させる方法です。 肝臓がんの約40%の人 ...

肝臓がんの原因とアルコール

毎年、約3万人の人か肝臓がんと診断され、日本では今後数十年は、肝臓がんが増え続けると予測されています。 その約95%がB型、C型肝炎ウイルスによるもので、逆にいえばウィルスを持っていない人はほとんどな ...

慢性肝炎の人は肝硬変と肝臓がんに注意

なぜ、B型肝炎、C型肝炎が恐ろしいかといえば、慢性肝炎になると、ほとんど必ず肝硬変、肝臓がんへと進行し、治療しても再発を繰り返して、最後には肝不全を引き起こして亡くなることが多いからです。 日本では、 ...

肝臓がんと肝炎ウイルス

肝臓は、人間の体の中でもっとも大きな臓器です。大人であれば、重さ1.2~1.5kgくらいあります。 お酒に強い人が「あなたは肝臓が強い」などといわれるように、アルコールの分解にも重要な役割を果たしてい ...

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.