自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「抗がん剤」 一覧

抗がん剤の副作用「吐き気や嘔吐」を緩和する薬

吐き気や嘔吐は、多くの抗がん剤に伴う副作用です。 食事の際には、食前に冷たい水でうがいをして口中をすっきりさせる、湯気で吐き気を催しやすい温かいご飯ではなく、おにぎりにする・・・などの工夫が効果的なこ ...

副作用の少ない分子標的治療薬とは?

がん細胞が増殖するとき、分子(遺伝子が生み出すたんぱく質)が重要な働きをします。 その分子に作用して増殖の働きを妨げる薬が分子標的治療薬です。これまでの化学療法に比べると、がん細胞以外の正常な細胞への ...

抗がん剤の耐性とは?

抗がん剤治療を行い、最初は効果が上がっていても、何度も繰り返している間に効きにくくなることがあります。 それは治薬に対して、身体が慣れてきているためで、このような状態を「耐性」といいます。耐性が起こる ...

抗がん剤の種類はどれくらいあるの?

抗がん剤とは化学療法で用いる薬剤lで、がんの増殖を抑えて、がんを死滅させる効果があります。 がん細胞に直接作用し、攻撃されたがん細胞は回復することができないという効果の高い治療方法ですが、一方で正常細 ...

がんの化学療法とは?

化学療法とはがんの三大療法のひとつで、抗がん剤を使ってがん細胞の増殖を抑えたり、がん細胞を破壊する治療方法です。 手術療法や放射線療法と組み合わせて行われることが多く、これを集学的治療といいます。化学 ...

抗がん剤による皮膚のくすみや乾燥の対策

抗がん剤の種類によっては、皮膚がくすんで乾燥することがあります。 予防的にビタミン剤の内服薬や保湿剤を処方される場合が一般的。治療中は直射日光や乾燥を避けるなど、皮膚に負担をかけない工夫もするとよいで ...

抗がん剤による脱毛対策

基本的にはウィッグ(かつら)、帽子、スカーフ、バンダナなどの対処になります。 抗がん剤治療が終われば、再び毛は生えてくるので、それまでは、ウィッグ(かつら)や、帽子、スカーフ、バンダナなどで対応をしま ...

抗がん剤の副作用とその対処法

・吐き気 横になったり、深呼吸をする。氷やキャンディーを口に含む。医師に吐き気止めの薬を処方してもらう。 症状が重くなったり、食事をとれない日が何日も続くとき。 ・下痢 刺激物や乳製品、食物繊維の多い ...

医師に伝えるべき抗がん剤副作用の症状

最近は、外来などで、化学(薬物)療法を行う医療機関が増えてきました。 定期的に通院して、抗がん剤などの点滴を受けたり(外来化学療法)、内服薬を処方されて、自分で服薬の管理をするといったケースです。治療 ...

抗がん剤の副作用の種類と症状

抗がん剤には、さまざまな副作用があります。 薬の種類や使用期間、個人の体質などによって、あらわれる副作用やその程度に違いはありますが、長く続いたり、症状がひどい場合などは、医師などにすぐに伝えることが ...

化学療法を受ける前に確認すべきこと

■化学(薬物)療法を受ける前に医師に伝えるべきこと ・現在使用している薬、サブリメント、健康食品は?医療機関で処方された薬、薬局で買った市販薬などをすべて伝えましょう。薬の名前がわからないときは使用し ...

化学療法中(抗がん剤治療中)の注意点とは

化学療法中には、生活面で特別に注意しなければならないことがあります。 たとえば、男性でもすわって排尿したり、排尿後にトイレの水を2度流さなければならないこともあります。しかし、抗がん剤や分子標的薬を投 ...

抗がん剤の副作用と発生するタイミング(時期)

化学療法(主に抗がん剤治療)を受けるときは、治療効果をあげるためにも、患者側が治療内容を理解しておくことが大切です。そして、治療に自覚的・積極的にかかわらなければなりません。 化学療法では、以下のこと ...

抗がん剤の効果を測る指標「奏効率」とは?

薬が効きやすい血液のがんや小細胞肺がんでは、治療効果は早くあらわれますが、血液のがん以外の固形がんでは2~3週後に効果があらわれます。ときには、もっとたってから効果がわかることもあります。 がんの治療 ...

抗がん剤の投与方法の種類

抗がん剤には、錠剤やカプセルで服用する「内服剤」と、静脈から注入する「注射剤」があります。 注射剤にはさらに(1)の血管からカテーテルで注入する方法、(2)太い静脈である「中心静脈」に挿入したカテーテ ...

抗がん剤と分子標的薬の種類と違い

「抗がん剤」には大きくわけて、(1)代謝拮抗薬、(2)アルキル化剤、(3)抗がん性抗生物質、(4)植物アルカロイド、(5)プラチナ製剤、という5種類のものがあります。 これらはがん細胞のDNA(ディオ ...

がんの化学療法とは?治療の目的

「化学療法」とは、抗がん剤、分子標的薬、ホルモン剤を使って、がん細胞の増殖を抑えたり、転移や再発を防いだり、転移しているかもしれない小さながんをやっつけたりする治療法です。このうちホルモン剤は、乳がん ...

乳がんで術前化学療法(抗がん剤)を実施するケース

・しこりの大きさが2センチ以下で、わきの下のリンパ節に転移がある ・しこりの大きさが2~5センチだが、わきの下のリンパ節に転移がない ・しこりの大きさが2~5センチで、わきの下のリンパ節に転移がある ...

手術のまえに抗がん剤治療をする意味とメリット

現在のがん医療は、早期のがんで根治が望めるばあい、手術が第1選択肢になっています。 手術で患部と広がったまわりの組織をとってしまえば、いちばん安心できると考えられているからです。しかし、いくつもの種類 ...

抗がん剤による骨髄抑制という副作用

もっとも影響の強い、抗がん剤の副作用に「骨髄抑制」があります。 そもそも抗がん剤は、旺盛に分裂・増殖するがん細胞を傷害するようにつくられています。がん細胞が正常細胞にくらべて盛んに分裂・増殖するからで ...

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.