自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「がんの痛みへの対策」 一覧

がんの疼痛ケア「神経プロック」とは

神経ブロックとはがんによる痛み、また手術後の痛みを取り除く治療のことです。 がん患者の多くは、身体の2カ所以上にがんに伴う痛み(疼痛、がん性疼痛)を感じるため、がんの痛み対策として全身におよぶ疼痛治療 ...

がんの「痛み」を医師に伝える方法

がんによって生じるさまざまな痛みは、進行がんでは6~7割、終末期には8割の方が体験しているといわれています。 痛みには、「病気そのものによる痛み」「手術や薬物(抗がん剤)治療によって生じる痛み」、さら ...

がん治療における緩和ケアの役割

がん患者が感じている病気や治療に伴う痛みは、かつてはやむを得ないものと思われていました。 しかし、1986年、WHO(世界保健機関)が「がん患者の痛みは治療できる症状であり、治療すべき症状である」と定 ...

がんの手術後に感じる痛みや不快感への対処

術後の痛みやさまざまな不快感は、回復の過程である程度は避けられません。 麻酔や手術そのものの影響によって、合併症が発症するリスクもあります。痛みや不快感の対処法、合併症を予防する方法などについては、術 ...

がんの痛みを消すための3つの方法

がん患者の強い痛みを取り去ることは、がんそのものを治すことに劣らず重要な問題です。 がんの痛みの治療(疼痛治療)の方法は、大きく次の3つに分けられます。第1は、痛みの原因であるがんを取り除くことです。 ...

がんはなぜ痛いのか

末期のがん患者は、たいへん強い痛みを覚えます。 しかしその痛みを取り除くには、まず痛みがなぜ生じるのか、その原因としくみを知らなくては痛みを治療する方法もわかりません。「痛み」とは、指を切ったり皮膚が ...

がん治療におけるモルヒネ治療の発展

がんの痛みの治療におけるモルヒネの重要性が認識されるにしたがって、近年、モルヒネ製剤の種類も剤形も増えました。またモルヒネの細粒や水薬も発売されました。 経口(口からの服用)が、不可能な患者のためにモ ...

がん治療で痛み止めを使うのは体に負担になるのか

WHOは1986年に、「2000年までにすべてのがん患者を痛みから解放する」ことを目標にして、「WHOがん疼痛治療指針」を発表しました。 その第1項が麻薬性鎮痛剤、すなわちモルヒネの普及と、その性質や ...

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.