自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「がんと免疫・免疫療法」 一覧

最先端のがんワクチン療法とは

ワクチンとは毒性を弱めた病原体を使った医薬品です。 通常、ワクチンは、体を守る仕組みである「免疫」に病原体の特徴を覚えさせ、感染症などを「予防」することを目的とします。 インフルエンザの予防接種なとが ...

がんの免疫療法「ペプチドワクチン療法」とは

ペプチドとは、たんぱく質の一部分で、アミノ酸が複数結びついたものです。 がんペプチドワクチン療法は、①がん細胞に特有のペプチドをワクチンとして合成し、患者に注射②ペプチドを異物と認識して攻撃する「キラ ...

がんの免疫療法で医療保険を利用できるか

高額になりがちながん免疫療法の費用を軽減するためには、医療保険を活用したいと考える人が多いです。 最近では、免疫療法に限らず、健康保険が適用されないがんの治療法がたくさん登場しています。そこで、医療保 ...

がんの免疫療法にかかる費用・料金

がん免疫療法には高額な費用がかかるといわれますが、これはあながち間違いとはいえません。 日本では、健康保険の適用を受けた保険診療と自由診療を組み合わせることが認められていません。そのため、民間のクリニ ...

がんの免疫療法と標準治療の組み合わせ

がん免疫療法をほかの治療と組み合わせる場合には、それぞれのメリット・デメリットとともに通院の負担を視野に入れて、治療のタイミングを考える必要があります。 ■ほかの治療より先にがん免疫療法を行う 化学療 ...

がんの免疫療法は通院で行う

がん免疫療法は、原則として通院で行われます。 免疫細胞を使った治療の場合には、採血して、該当する細胞を採取し、1~2週間ほどで移入することを何回か繰り返します。細胞の培養にかかる期間や、採血のスケジュ ...

がんの免疫治療を受ける前に確認すべき点

がん免疫療法を受けるために、具体的なプランを立てる際には、医師とよく話し合い、疑問を解消しておきましょう。 今までの治療を続けながら、免疫療法を導入する場合には、今までかかっている担当の医師に、免疫療 ...

がんの免疫療法の臨床試験を受けるには

がん免疫療法の一部は、現在臨床試験が行われているところです。 臨床試験では、免疫療法が「がんにどのくらい効果があるか」とともに、「どのようにすればもっとも効果が高まるか」も検証します。効果を厳密に検証 ...

がんの免疫療法はどこで受けられるか

まず、受けたいと思う治療法が、自分の病状に合っているかどうかなどのほか、がん免疫療法を行っている医療機関が通院できる範囲にあるかどうかも、考えなければなりません。 先進医療で行われているがん免疫療法と ...

がんの免疫療法を受けられる病院

がん免疫療法を実施するには、高度な医療技術や設備が必要です。 そのため、がん免疫療法を行っている医療機関は、民間の専門クリニックなど、増えつつありますが、まだそれほど多くありません。ただ、がん免疫療法 ...

「免疫を高める」食品やサプリメントとは?

最近、「免疫を高める」というキャッチフレーズのもとに販売されている健康食品やサプリメントがよく見られます。 こうしたもののほとんどは、医学的な検証を受けていません。現在、医療機関で行われるがんの治療は ...

がん免疫療法の効果と課題

がん免疫療法の課題は、大きく分けると4つあります。 それぞれの課題は、お互いに関係し合っています。たとえば、免疫細胞をがんに集中させるためには、がんそのものの研究と免疫の仕組みや細胞の解明が欠かせませ ...

複数のがん免疫療法を同時に組み合わせる方法

「非特異的免疫療法」と「特異的免疫療法」は、攻撃するがんを特定するかどうかの違いがあります。 特異的免疫療法は、抗原を認識しているがんは集中攻撃できますが、新たながんが発生した場合や、体内に別のタイプ ...

転移の状態によって異なるがんの免疫療法

がんが転移した経路に合わせてリンパ球を投与すれば、リンパ球ががんと同じ道筋をたどって 攻撃することができます。 ■リンパ行性転移:転移のあるリンパ節に注入するケースもある リンパ管を介して起こった転移 ...

がんの部位や転移状態によって変化する免疫療法

血流と臓器の関係によって、治療に用いるリンパ球の向き・不向きがあります。 ・血流の盛んな部位はリンパ球が集まりやすい 血流が盛んな肺は転移の起こりやすい部位です。しかし一方で、血液中のリンパ球も肺に集 ...

がんの免疫療法と抗がん剤治療との組み合わせ

以前は、抗がん剤が免疫細胞を破壊するため、抗がん剤とがん免疫療法の併用は意味がないといわれていました。しかし、最近は化学療法との組み合わせも研究されています。 ■免疫療法で化学療法を補助する 化学療法 ...

がんの免疫療法と放射線療法との組み合わせ

免疫細胞と関係の深い骨髄やリンパ節は、放射線の影響を受けやすいため、放射線療法を行うと免疫力が低下する可能性があります。 がん免疫療法と放射線療法を組み合わせると、免疫の低下を防いだり、免疫細胞ががん ...

がんの免疫療法を手術の前後に行うメリット

手術後は免疫力が低下しやすく、その間に転移や再発を招くおそれもあります。 手術後、早い時期に免疫療法を導入すると、患者さんに負担をかけることなく免疫の働きを助け、がんをすみやかに叩けると考えられます。 ...

がんの免疫療法の部位別治療法

がんの免疫療法の部位別治療法を一覧にしてみました。 ●印:実用化されている治療法(保険適用がある、または先進医療として認められている) ◎印:試みられている(臨床試験として実施されている) ・脳腫瘍 ...

がんの免疫療法はどんながんにも効果があるのか

がん免疫療法は、方法によって部位ごとに効果が異なります。また、免疫療法の研究が進んでいる部位と、そうでない部位とで差があります。 免疫療法によっても、得意・不得意がありますし、病態やHLAの型、現在受 ...

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.