がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

食道がん

食道がんは進行するまで無症状のことが多い

食道がんは、早期にはほとんど症状がなく静かに進行していきます。進行すると、食べ物が飲み込みにくくなるなどの症状が現れます。

■がんが臓器を圧迫したり神経を侵したりして痛む

がん自体は、痛みなどの症状を起こすものではないためほとんどの場合、早期は無症状です。しかし、がんが進行すると大きく成長したがん組織が、食道の内腔を狭めたり、周囲の臓器や神経などを圧迫したり、臓器の機能が侵されたりします。

こうした結果、徐々に症状が現れてきます。

一般に、最も早く現れるのは、食べ物を飲み込みにくくなることです。のどがつかえたりのどが詰まったりする感覚があります。そのほか、声がかれる、やせる、咳が出るなど、多様な症状が現れるようになります。

■症状が現れたときはかなり進行している

食道がんというと、のどのつかえなどの症状を思い浮かべる人が多いと思いますが、これらの症状が現れるのは進行してからです。早期ではほとんど症状がないため、早期発見には定期検診が欠かせません。

・早期がん
初期は無症状だが人によっては熱いものや酸っぱいものなどが、のどにしみる感じがしたり、飲み込むときに違和感を覚えたりすることがある。同じような違和感が続くようなら、1度受診しておきたい。

・進行がん
進行してがんが大きくなると食道の内腔側に張りだしたり、内腔が圧迫されたりして、食べ物の通り道が狭くなる。その結果、食べ物がつかえる感じがしたり、大きな食べ物が飲み込みにくくなったりする。

・転移がん
さらに進行して他の臓器に転移すると、その臓器特有の症状が現れてくる。たとえば声を調整する神経を圧迫すると、声がかれる。気管や気管支、肺などに転移すると、咳が出るようになる。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

「がん治療のガイドブック」を無料でプレゼントしています。

詳しくはこちら

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-食道がん
-