がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

「乳がん」 一覧

乳がんとメラトニン(夜働く影響)

女性の乳がんの原因についての考えとして、「メラ卜ニン仮説」が提唱されています。 ...

アルコール(お酒)の摂取と乳がんのリスク

アルコールと乳がんについての42件の疫学研究をまとめたところ、1日ワインをグラス ...

電磁波(電気毛布)と乳がんリスク

電気毛布から発生する電磁界によって、乳がんリスクが高まる可能性が言われていました ...

授乳と乳がんの関係とは

授乳と乳がんについて、これまでの疫学研究をまとめると、全体としてははっきりしませ ...

乳がんでリンパ節を廓清(切除)するかどうかの基準は?

乳がんの転移はまず、わきのリンパ節に起きることが多いです。 そのため手術の前には ...

非浸潤乳がんでリンパ節の転移を調べる意味とは

乳がんの温存療法には、病理医と放射線科医が連携し、がんの広がりの範囲を正確に診断 ...

非浸潤性乳がんでも手術が薦められる理由は?

がんには、周囲の組織に入り込んでいく性質があります。 これを「浸潤」といい、がん ...

おなかの脂肪を使う乳房再建方法とは

乳房再建には、大きく分けて、シリコーンなど人工物を使う方法と、自分の体の一部を移 ...

乳がんの抗がん剤治療の副作用「脱毛」対策

脱毛は、抗がん剤によって、抜けるものと抜けないものがあります。 ただしタキサン系 ...

乳がんの抗がん剤治療の副作用と対策「吐き気」

抗がん剤治療では、個人差はあるものの、多くの場合、副作用があります。ほかにも、そ ...

乳がんの最初の手術の後に行われる化学療法とは?

乳がんの最初の手術の後に、ホルモン療法、抗がん剤治療、分子標的薬をどのように組み ...

乳がん治療に使われるホルモン治療薬の種類

ホルモン療法には、女性ホルモンのエストロゲン自体をつくらなくする方法と、ホルモン ...

乳がんホルモン治療の目的

がん治療の3大療法は、手術療法・化学療法・放射線療法ですが、乳がんの中には、女性 ...

乳がんの主な原因

1.生殖・出産関連の要因 乳がんの発生には、エストロゲン(女性ホルモン)が重要な ...

増える乳がんと自己検診

乳かんは確実に増えています。 日本で乳がんになる人は、1年間に約4万人、そして死 ...

乳がん術後の定期検診と生活

手術が終わり、補助療法が終了しても、10年間は定期的に検査を受けることが大切です ...

乳がんの手術後の注意点(リンパ浮腫関連)

乳がんの手術後は、リンパ浮腫を悪化させないためにも手術した側の腕にけがをしないこ ...

乳がん治療後のリンパ浮腫について

リンパ浮腫とは、手術でわきの下のリンパを切除したり、放射線治療によりリンパ管が細 ...

乳がんに使われる分子標的治療薬

分子標的治療薬とは、がん細胞の増殖や発生、転移に関係している特定の遺伝子やたんぱ ...

乳がんの抗がん剤治療と副作用

乳がんの抗がん剤治療には内服薬と静脈注射の2種類があり、ほとんどの場合2~3種類 ...