自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「 月別アーカイブ:2013年03月 」 一覧

乳がん患者の会「ソレイユ」|東京都世田谷区

[活動目的・趣旨] 乳がんの体験者、会の活動趣旨に賛同した会員同士の交流のほか、いろいろな分野・地域の人々との交流を深めることで良質な関連情報を求める。また、納得のいく治療を受けるための情報交換の場を ...

乳がん患者の会「あけぼの会」|東京都目黒区

[活動目的・趣旨] 手術後すみやかに社会復帰するための親陸、助け合いと乳がんの早期発見の重要性を訴える啓発活動を目的とする。機関誌などの印刷物の発行。母の日キャンペーン、病院訪問ボランテイアなどの活動 ...

乳がん患者の会「リンパの会」|東京都新宿区

[活動目的・趣旨] リンパ浮腫の患者を会員とし、リンパ浮腫の治療ならびに予防の知識を高め、会員相互の協力をもって、リンパ浮腫に苦しむ人々のために活動する。 [入会方法・会費] メール・ファックス・電話 ...

乳がん患者の会「特定非営利活動法人リ・ヴィッド」|京都府京都市

[活動目的・趣旨] 医師・看護師、運動療法士などの専門知識を持ったスタッフが集まり、乳がん患者を身体的・精神的・社会的にトータルサポートすることを目指す。 [入会方法・会費] 入会希望の旨、事務局に電 ...

乳がん患者の会「のぞみの会」|広島県尾道市

[活動目的・趣旨] 同じ病気で悩んている者同士、お互いに悩みを打ち明け、ともに励ましあって病気を克服してしていくことを目指す。 [入会方法・会費] 手紙、ファックス、メール、電話のいずれかの方法で、必 ...

乳がん患者の会「ハートの会」|福岡県福岡市

[活動目的-趣旨] 乳がん手術をした人で作る患者会。1・4・7・10月に定例会を開催。 患者の交流を深め、 病に負けない心と知識を養うことを目的とする。会員25名。 [入会方法会費] 定例会見学の後、 ...

乳がん患者の会「あすかの会」|福岡県北九州市

[活動目的・趣旨] あすかの会の趣旨に賛同してくれる人は、誰でも入会可能。会員相互の親陸と助け合い乳がんの早期発見の啓発・ボランテティア活動の目的をかかげ、患者のため、女性のための活動をしている。 [ ...

乳がん患者の会「森の会」|茨城県土浦市

[活動目的・趣旨] 乳がん体験者が共に支えあい、正しい知識を得、自己治癒力を高め合うことを目的としている。 [入会方法・会費] 電話等の連絡にて入会金なし/年会費1000円 [辿絡先・担当者] 〒30 ...

乳がんが再発転移した場合の基本的な治療法

乳がんの場合、頻度としては、骨、肺、肝臓、脳の順に転移することが多いですが、どこに転移しても乳がんに有効性が証明されている治療を行います。 肺に転移したからといって、肺がんとして取り扱うのではなく、あ ...

乳がんの再発と転移のチェック方法

乳がんの再発には局所再発と遠隔転移再発があり、乳腺・およびその近辺のリンパ節や、胸壁における再発を局所再発、それ以外の部位に転移し再発した場合を遠隔転移再発といいます。 局所再発は治癒の見込みがありま ...

乳がんの放射線治療の副作用は?

放射線療法の副作用は、照射する部位によって異なります。 温存療法で乳房に照射した場合、 ・疲労感 ・皮膚の痛み、かゆみ ・皮膚炎、赤み ・発汗障害(汗が出なくなる) ・乳房がかたくなる などの副作用が ...

乳房温存術の一環としての放射線治療の受け方

乳房温存術は切除範囲が小さいだけに、がん細胞を取り残すリスクが高くなります。 そこで、残っているかもしれないがん細胞を死滅させ、再発を予防するために、温存術の後、乳房に放射線を照射するのが「乳房温存療 ...

乳がんで放射線治療が行われるケースとは

放射線は細胞のDNAを破壊する性質をもっており、とりわけがん細胞が放射線に弱いという特性を生かして、がん細胞の増殖を抑えたり死滅させたりするのが放射線治療です。これにはX線やガンマ線などを使います。 ...

乳がん治療薬ハーセプチンが使える人と投与法・副作用

ハーセプチンはHER2たんぱくを過剰発現している乳がんにのみ有効で、現時点では再発したときの治療薬として利用されています。 適応となるのは、HER2たんぱくの過剰発現のある3段階のレベルのうち、+3と ...

乳がんの抗がん剤治療の進め方・投与法・副作用

乳がん治療に使える抗がん剤はアルキル化剤、アンスラサイクリン系、タキサン系など約30種類あり、1つの薬を使う方法と数種類の薬(多剤)を使う方法があります。 手術後の補助的な治療法として抗がん剤を投与す ...

乳がんのホルモン療法の特徴と副作用

ホルモン受容体陽性のがんは、ホルモン療法が第一の選択となりリスク分類によって、 (1)ホルモン療法のみか (2)化学療法(抗がん剤治療)後に ホルモン療法を行うかが決まります。 6割程度がホルモン受容 ...

乳がんのホルモン剤「タモキシフェン(ノルパデックス)」の特徴と副作用

乳がん細胞の中にあるエストロゲン受容体がエストロゲンと結合するのを阻害し、がん細胞の増殖を抑える効果があります。 乳がんのホルモン療法のなかでは、もっともよく使われる薬です。 副作用としてほてり、帯下 ...

乳がんに使われる分子標的薬

分子標的薬とは特定の因子をもったがんにのみ攻撃するタイプの治療薬です。 乳がんに対してもっとも有効な分子標的薬は、HER2たんぱくを過剰発現しているがんに効果のあるトラスツズマブ(商品名「ハーセプチン ...

乳がんのホルモン療法の進め方と副作用

女性ホルモンの1つである、エストロゲンによって増殖するタイプのがんに対し行われる治療法です。 種類がいくつかあり、エス卜ロゲンそのものの分泌を抑制したり、がんのホルモン受容体をブロックすることによって ...

乳がんにおける薬を使った治療法

薬物療法は、手術によって取り残したかもしれないがんの根絶と、進行が速くて大きくなったり、腋窩や胸骨あるいは鎖骨やその他の臓器に転移している症例のがんの進行を食い止めたり、縮小、あるいは根治をねらって行 ...

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.