自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「がん全体」 一覧

がんの検査「生検」とは

生検は体の組織の一部を針などで採って、顕微鏡などで調べる検査です。 病理組織検査、組織診検査ともいわれ、針で組織を採る場合は針生検ともいいます。細胞レベルではなく、構造をもつ組織の検査のため、精度が高 ...

がんのCT検査とは何の略か

CTとは「Computed Tomgraphy」の略で、X線を使って体の断面図を画像化するコンピュータ断層撮影検査のことです。 病気の診断や進行状態を見るために行う検査で、とくに肺や肝臓などのがんの診 ...

がんの細胞診検査

細胞診とはがんが疑われる部位の細胞を採取して、がんの有無や悪性・良性の度合いなどをみる検査です。 病理検査のひとつで、がんと判断できる細胞がひとつでもあると「がん」と診断されます。ただし、細胞診より生 ...

がんの再燃と再発の違い

再燃とは、病気が完全に治ったわけではなく(治療中)、病状・症状がいったん治まった後に同じような病状・症状があらわれることです。 いっぽう、再発とは、病気が治まった後に再び同じ病気が起こってくることです ...

がん治療で在宅ケアは可能か

在宅ケアとは住み慣れた自宅で治療を受けながら生活することです。 慣れ親しんだ地域で、家族とともに過ごしながら治療や緩和ケアを受けたいというこーズが高まっています。 さまざまなアンケート調査でも、日本人 ...

がんの根治手術とは?

根治手術とはがんを完全に治すことをめざして行う手術です。 がんは周囲の組織にも広がっている可能性があり、がんのかたまりを完全に切除するため、幅広く切り取ります。治癒手術、完全切除ともいわれます。 がん ...

がんの告知は必要か

告知とは病名や病状に関して医師が患者に知らせ伝えることです。 かつて、がんが不治の病といわれていた時代は、患者に与える精神的ショックを考えて控えることが多かったのですが、治癒率が高まったことや、患者の ...

がんの原発巣とは

2013/09/08   -がん全体
 

原発巣とは最初にがんが発生した場所にある「がんのかたまり」のことです。 がん細胞は、発がん遺伝子が傷つくことで発生し、分裂・増殖してかたまりをつくります。さらに周囲のリンパ節などへ広がり、血液やリンパ ...

がん抑制遺伝子とは?

がん抑制遺伝子とは発がんを抑制する素因で、その機能をもつタンパク質(がん抑制タンパク質)をプログラムする「がん抑制遺伝子」の存在が明らかになっています。 細胞のがん化を促進する機能をもつがん遺伝子が発 ...

がん対策基本法とは?

がんは、1981年以降、日本人の死亡原因のトップを占め、年間34万人を超える人ががんで亡くなっています。 このような状況をふまえて、がんの罹患率と死亡率の激減を実現するために、2006年6月に「がん対 ...

がん拠点病院とは?

がん拠点病院は、正確には「がん診療連携拠点病院」といいます。 「がん対策基本法」(2006年制定)に基づいて厚生労働省が指定した「都道府県拠点病院47、都道府県内を分けた二次医療圏に1カ所の地域拠点病 ...

がんの寛解(かんかい)とは?

寛解とは症状が一時的に、または永続的に落ち着いて安定した状態をいいます。 がんが完全に消えた状態を「完全寛解」、がんの病変が縮小して症状が軽減した場合は「部分寛解」といわれます。病気が完全に治癒したと ...

がん治療のガイドラインとは

ガイドラインとは治療実績などをふまえた、科学的に信頼できる診断や治療の基準をまとめた指針です。 日本では、厚生労働省や各学会がガイドラインの作成を行っています。がんの場合、「胃癌治療ガイドライン」「肺 ...

がんのMRI検査とは?

2013/09/08   -がん全体
 

MRIとはは磁気を使って身体の中の詳しい画像を断面図であらわす検査で「磁気共鳴断層撮影」の略です。 同じように画像で身体の断面図をあらわす検査として「CT検査」があり、MR1検査のほうがすべて優れてい ...

がんのX線検査とは

X線検査とは、X線を用いて体の透視図を得るもので、がんの画像診断で、中心となっている検査方法です。 発見者の名前から「レントゲン検査」ともいわれます。検査に造影剤を使わずにそのまま撮影する「単純撮影」 ...

がん治療「エストロゲン」とは?

2013/09/08   -がん全体
 

エストロゲンは主に卵巣から分泌される女性ホルモンで、卵胞ホルモンともいわれます。 乳がんの中には、このエストロゲンやプロゲステロン(黄体ホルモン)が関係するものもあります。このようなホルモンの影響する ...

がん治療「インフォームドコンセント」とは

医師から治療方法などについて十分な説明を受けたうえで、患者が納得して同意することです。 医師が手続き上、説明をして、患者が同意すると思われがちですが、患者が「納得」して、自ら決定して選択することに意義 ...

がん治療「EBM(イービーエム)」とは?

EBMは「Evidence-based Medicine」の略です。 医師の経験や勘にだけ頼るのではなく、(エビエンス=科学的娘拠)に基づき、多くの人の治療による効果や安全性などの客観的な証拠を大事に ...

民間保険のがんに関する保障のしくみ

・医療保険(病気やけがを幅広く保障する) ・がん保険(がんについて保障する。  契約90日後から保障開始されるので、  その間にがんと診断された場合、契約は無効になる) ・特定(3大)疾病保障保険(が ...

がん患者の自宅療法に介護保険は活用できるか

介護保険サービスは、日常生活を送るうえで介護や手助け、見守りなど、支援が必要な人に対して、人的サービスや福祉用具などを提供する公的な制度です。 このサービスを利用できるのは、原則として65歳以上で体力 ...

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.