がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと免疫・免疫療法

がんの免疫療法を手術の前後に行うメリット

2014/02/08

手術後は免疫力が低下しやすく、その間に転移や再発を招くおそれもあります。

手術後、早い時期に免疫療法を導入すると、患者さんに負担をかけることなく免疫の働きを助け、がんをすみやかに叩けると考えられます。

・副作用の少ない治療が可能
放射線療法や抗がん剤にくらべ、免疫療法は副作用が軽くてすみます。手術後でも、体力の回復を待たずに行えます。

・残ったがん細胞を叩ける
免疫細胞が体内をめぐって、残ったがん細胞を取り除きます。特異的免疫療法なら、がん細胞を探し出して攻撃するので、再発や転移予防に大きな効果が期待できます。

・自己がん抽出抗原が利用できる
術後の補助療法としてがん免疫療法を行う際に、切除したがんからがん抗原が抽出できれば、効果が期待できる治療を行うことができます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がんと免疫・免疫療法
-