自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

骨転移

多発性骨転移・進行した骨転移にストロンチウム89

更新日:

骨に転移したがん(骨転移)は、骨を徐々に壊すなどして痛みを引き起こします。

こうした痛みを取り除く方法には、転移した部分の骨を切除する手術や体外から照射する放射線治療、骨転移の進行を抑える薬や鎮痛剤、抗がん剤の治療などがあります。ただし、骨転移が広がり、数も多くなると、手術や放射線の体外照射での対処が難しくなります。

鎮痛剤や抗がん剤なども、量を増やせば、胃腸障害、吐き気、眠気などの副作用が大きくなる恐れがあります。こうした多発骨転移への新たな対処法が、放射性の薬剤「ストロンチウム89」の注射です。これは、β線という放射線を発する物質ですが、カルシワムと似た性質を持っているのが特徴です。

骨転移のある場所では骨の破壊と再生が起き、正常部位よりカルシワムの出入りが盛んになっており、ストロンチウム89は、体内に入ると、特に骨転移のある場所に集まりやすいのです。そこで放射線を発し、がんの活動をおとなしくさせ、痛みを和らげる効果が狙えます。

治療に入院の必要はなく、ストロンチワム89を含む薬剤を体重に合わせて調整し、3.5ミリ・リットル前後を静脈に注射します。注入は1、2分かけてゆっくり行います。2001~3年、国内の12医療機関が共同で行った臨床試験によると、多発骨転移の痛みがあった69人のうち、痛み、または、鎮痛薬の量の減少のいずれかが50人(72.5%)でみられました。

効果が出るのは早くても注射の1~2週間後と即効性はないが、効果は約3か月持続するといいます。血液中の血小板や白血球が少ない場合、薬の投与でさらに減少する危険があるので、受けることはできません。治療後も、定期的な血液検査が必要です。治療後、一時的に痛みが増すケースが約8%で起こっています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-骨転移
-,

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.