がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

乳がん

乳がんの手術や治療を受けても妊娠・出産は可能か

2014/02/06

乳がんの治療を受けたあとでも、妊娠・出産は可能です。

しかし、抗がん剤治療を行っている人の場合、安全を考慮すると、妊娠は、抗がん剤治療が終了してから少なくとも1カ月空ける必要があります。

また、妊娠してからおよそ16週までの間は、赤ちゃんのいろいろな器官などが形成される大事な時期ですから、この期間は薬の影響で催奇形性といって奇形になる恐れがあるので、赤ちゃんに影響がある薬は使えません。

なお、放射線治療を受けたの場合も、終わってからであれば、妊娠・出産は大丈夫です。ですが、白血球が減少しているなど、放射線の副作用が出ている方などは、1カ月程度は様子を見たほうがよいです。

程度に差がありますので、詳しくは医師に相談してください。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-乳がん
-