自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

抗がん剤

抗がん剤の投与期間と投与の判断

更新日:

がんの再発がわかってから抗がん剤を使っても高い効果を期待できないため、以前は経口抗がん剤を4、5年間使い続けていたこともありました。

ですがいまは、ほとんどの場合1年程度です。

再発は、手術後1、2年以内に起こることが多いからです。1年使ってみて再発の徴候がなければ、医師と患者の合意により投与をやめてしまうこともあります。

ちなみに、3、4年してからリンパ節が腫れてきたり、肝臓にがん細胞が見つかったりという場合は、がん細胞がおとなしい性質ということが多いため、再度切除できることが多いという特徴があります。

とはいえ、副作用も出る治療法ですので、抗がん剤治療を希望するかどうか、最後に決めるのは、患者さん本人の意志です。医者と同じレベルで話ができなくても、主治医から説明を受けたり情報を集めたりして、自分で納得した治療を選ぶことが大切です。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-抗がん剤
-,

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.