自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

抗がん剤

抗がん剤の効くがんと効かないがん(婦人科がん)

更新日:

婦人科がんは、抗がん剤治療による効果の違いによってA群~D群の4つに分類されています。

A群の絨毛がん、胚細胞腫瘍にはよく効き、抗がん剤治療のみで治癒が期待できます。副作用も強く現れる傾向にあるのですが、治癒のためには十分な抗がん剤治療を行う必要があります。

B群は、抗がん剤だけで治癒することは難しいのですが、多くの症例で延命が十分に期待できる結果が出ています。このグループでは、再発予防を目的として術後治療にも抗がん剤が使われます。卵巣がんが該当します。

C群は、抗がん剤だけでは治癒することがなく、延命効果の可能性もB群よりは低くなります。子宮頸がん、子宮体がんが該当します。

D群は、抗がん剤の有効性は低く、延命効果の実績も乏しい腫瘍です。膣や外陰にできる悪性黒色腫が該当します。

<抗がん剤治療の効果別分類>

・A群:治癒が期待できるがん。 絨毯毛がん(おもに妊娠後に子宮内膜に発生するまれながん)、卵巣胚細胞腫瘍(10~20代に多いがん)

・B群:延命が期待できるがん。卵巣がん

・C群:症状の緩和が期待できるがん。子宮頸がん、子宮体がん

・D群:効果の期待が少ないがん。悪性黒色腫(膣や外陰に発生するがん)

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-抗がん剤
-

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.