自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

抗がん剤

化学療法中(抗がん剤治療中)の注意点とは

更新日:

化学療法中には、生活面で特別に注意しなければならないことがあります。

たとえば、男性でもすわって排尿したり、排尿後にトイレの水を2度流さなければならないこともあります。しかし、抗がん剤や分子標的薬を投与されているときは、どうしても免疫力が低下します。つまり感染症に気をつけなければならないということです。

感染症を予防するには、医師に処方された抗生物質、抗真菌剤、抗ウイルス剤を指示どおり服用しなければなりませんが、それだけでなく生活環境や部屋を清潔にすることが大切です。

白血球は一般に、化学療法がはじまってから1週間後から2週間後に最低値になり、それから1~2週間後に回復します。このような時期には、ペットを近づけることや室内に鉢植えの植物をおくことを避けなければなりません。

また感染の徴候をいちはやくキャッチするために、毎朝、体温を測るようにします。体温が急にあがれば、医師に連絡する必要があります。入浴やシャワーは毎日おこなうようにして、清潔な衣類に着替えましょう。

食事の前後、薬を服用する前後、外出したあと、排泄のあとには、うがいと手洗いを欠かすことはできません。いちいち面倒でも、手指用の洗浄剤で丁寧に洗うようにしましょう。口のなかがしみたり、口内炎ができたりしたときは、生理食塩水でうがいをします。また、歯みがきでは柔らかい歯ブラシに代えましょう。

食事では食中毒を避けるために、調理した直後の料理をとるようにします。加熱処理した料理をとるようにし、とくに白血球のなかの好中球が減少する時期には、生ものを避けるようにします。人ごみの場所にはいかないようにし、外出するときはマスクを着用しましょう。

アレルギーなどがなければ、インフルエンザワクチンを毎年受けることが奨励されています。患者だけでなく、家族全員で受けることが望ましいでしょう。ほかにも肺炎のワクチンなどがありますので、受けるべきかどうか医師に相談しましょう。

化学療法を受けるまえの注意としては、口のなかの感染症を予防するために、歯科で虫歯、歯垢、歯石の治療を受けておきましょう。口内炎がおきると、治りにくいことがあります。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-抗がん剤
-,

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.