自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

抗がん剤

抗がん剤の副作用「骨髄抑制」が起きる理由

更新日:

人間の血液は、体のすみずみまで酸素を送り込んだり病原体を攻撃するなど、さまざまな役割を果たしています。

これらの役割を担っているのが、血液中の白血球、赤血球、血小板などの血球成分です。血球はいずれも、骨の中にある骨髄という"臓器"の造血細胞(造血幹細胞)からつくられます。

しかし抗がん剤を投与すると造血細胞がダメージを受け、新しい血球をつくり出せなくなることがあります。この状態を「骨髄抑制」といいます。造血細胞はつねに活発に分裂しているため、抗がん剤の影響を受けやすいのです。

骨髄抑制は深刻な合併症が生じる危険性を高めるため、厳重に警戒しなくてはならない副作用です。多くの抗がん剤の投与量を制限する最大の要因はこの骨髄抑制にあります。骨髄抑制が起こるとまず血球が減少します。

このうち白血球、なかでも「好中球」が減少すると、細菌やカビなどの真菌に感染する危険性が高まります。これは、好中球が細菌などの有害物を殺して除去する役割をもっているためです。好中球の数が血液1立方ミリメートル当たり1000個以下になると、敗血症や重症の肺炎が起こりやすくなります。

これらの合併症は患者の生命を脅かすこともあるため、すばやい対応が必要になります。そこで、敗血症や肺炎を疑わせる発熱があったら数時間以内に十分な抗生物質を静脈内に投与しなくてはなりません。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-抗がん剤
-,

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.