自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

乳がん

乳がんに使われる抗がん剤の種類と特徴

更新日:

現在、乳がんの標準治療で使われている抗がん剤はこちらのとおりです。

■アンスラサイクリン系薬剤
抗がん性抗生物質の1つで、DNA合成阻害剤です。乳がん治療に最もよく使用されています。アドリアマイシン(略号Aを汎用)を含む併用療法にはACやCAF、エピルビシン(略号Eを汎用)を含む治療にはECやFECなどを3週毎に投与します。

■タキサン系薬剤
植物アルカロイドに属し、パクリタキセル(略号Pを汎用)またはドセタキセル(略号Dを汎用)があります。タキサン系薬剤は、細胞をかたちづくる際に重要な微小管に結合して抗腫瘍効果を発揮します。パクリタキセルは毎週投与または3週毎投与を、ドセタキセルは3週毎投与が標準治療です。

■サイク口フォスファミド
アルキル化剤の1つで、DNAを構成する核酸の塩基と呼ばれる部分にアルキル基を結合することで、細胞死に誘導します。AやE、またはタキサン系薬剤と併用して使います(略号Cを汎用)。

■5-フルオ口ウラシル
代謝拮抗剤の中のピリミジン拮抗剤の1つで、がん細胞の中で核酸合成を阻害します。AやE、またはCと併用して使います(略号Fを汎用)。

■メトトレキサー卜
代謝拮抗剤の中の葉酸拮抗剤の1つで、やはり核酸合成を阻害します(略号Mを汎用)。CとFと組み合わせたCMF療法は乳がんの化学療法の元祖です。アンスラサイクリン系やタキサン系に主役を奪われた感はありますが、高齢者の人や悪性度の高くない人に投与されています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-乳がん
-, ,

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.