自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

食道がん

食道がんの検査と診断方法

更新日:

食道がんが疑われるときには、まず食道X線検査と内視鏡検査を行います。

近年は、内視鏡で胃がんを検査する際に、偶然、食道がんが見つかる例も増えています。食道X線検査は、造影剤(バリウム)を飲み、それが通過するときに浮かび上がって見える食道の輪郭を観察するという手法です。

他方、内視鏡検査では、細い内視鏡(ファイバースコープ)をのどから入れて食道内部を直接観察します。食道の検査を目的とするときには、あらかじめ食道の内壁にヨウ素(ヨード)液を吹きつけておきます(色素内視鏡検査)。

この状態で組織を観察すると、正常な粘膜は褐色に染まりますが、がんは白っぽく残るため、容易に識別できます。内視鏡検査時に病巣部の組織をわずかに採取し、顕微鏡で観察します(生検)。

がんの確定診断が下されたら、その広がりや転移の有無を調べるため、CT、MRI、超音波診断を行います。さらに、内視鏡の先端に超音波発生装置のついた超音波内視鏡を使い、がん細胞が食道の内壁のどの深さまで達しているかを調べます。この検査によって、食道周辺のリンパ節にがんが転移しているかどうかも調べることもできます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-食道がん
-,

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.