がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

乳がん

乳がんの検査方法は進歩しているのか

2014/02/06

昔は、切って細胞を採取しなければ何も分からないという状況でしたが、現在は超音波が普及したことで、がんの可能性が高いしこりか、低いしこりかがわかるようになりました。

超音波による画像診断で、おそらく良性だという場合は、注射針でしこりの細胞を吸い取る穿刺吸引細胞診を行い、皮膚を切開してしこりを取って検査する摘出生検をせずに経過を見ることができます。

不要な生検が減ったわけです。さらに、マンモグラフィやエコーなどの画像診断が普及したことで、触診してもわからない小さなしこりも見つかるようになりました。穿刺吸引細胞診や針生検は、どんな小さなしこりでも切開せずに検査できるので、検査を受ける方の負担がずっと軽くなりました。傷痕が残らず、ほんの小さな傷が一時的にできるだけです。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-乳がん
-