自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

がん全体

日本のがん対策基本法とは

更新日:

がん医療の平等化を図ることを目指した"がん対策基本法"が、2007年4月1日から施行されました。

わかりやすくいうと、大都市に住む患者と地方都市で暮らす患者の受けられる医療に差が生じてはいけないと作られた法案です。一般にもいわれていることですが、日本のがん医療は外科が中心になって進歩してきました。

事実、日本のがん医療における外科手術は世界一だという声も聞かれます。その一方、三大療法(手術療法・放射線療法・化学療法<抗がん剤療法>)のうち、放射線治療は専門医が足りないという現状です。

20~30年前までは、放射線科はがん治療において外科の中では脇役的な存在であり、化学療法は施術を担当した外科医が兼ねているケースがほとんどでした。が、現在では、がんの種類によっては、手術ではなく、放射線治療が主役を演じることも多くあります。

化学療法も、初発から術後補助療法として、あるいは術前化学療法(腫瘍を小さくして手術する)など使用することも多く、再発になると断然、化学療法が活躍することになります。しかし、日本の現状としては放射線医が不足し、ましてや化学療法の専門家(腫瘍内科医)は明らかに不足しています。

5~6年前から、がん患者やその家族を中心とした方々からの、日本のどの地域でがんにかかり、治療したかによって、受けられる医療のレベルの差がある、といった疑問やまた、どの医療機関を受診したかによっても、治療内容の差が大きすぎる、といった疑問、自分や家族がかんになったときの信頼のおける情報が十分に得られるのか?といった疑問が出てきて、それらの諸問題を解決すべく2006年にがん対策基本法が成立し2007年4月1日に施行されました。

結果、厚生労働省でがん対策推進協議会が立ち上げられ、2007年6月15日、閣議決定され、国のがん対策推進基本計画ができました。これをモデルに各都道府県がん対策推進計画が作られ、まずは地域差をなくすため、各都道府県にがん拠点病院376院が決められたのです。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がん全体
-

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.