自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

がんと免疫・免疫療法

がんの免疫療法の臨床試験を受けるには

更新日:

がん免疫療法の一部は、現在臨床試験が行われているところです。

臨床試験では、免疫療法が「がんにどのくらい効果があるか」とともに、「どのようにすればもっとも効果が高まるか」も検証します。効果を厳密に検証するには、臨床試験を受ける人の状態が均一である必要があります。

そのため、臨床試験に参加してもらう人の病状や治療歴などは、細かく定められています。自由診療でがん免疫療法を希望する場合には、こうしたテストを完全に終了していない(確立されていない)治療法だということを理解しておく必要があります。

■担当の医師のよく話し合って
臨床試験の仕組みはとても複雑です。また、万全の注意をはらって行われますが、危険性がゼロというわけではありません。臨床試験を考える際には、従来の治療法でどのくらい効果が見込めるのかなどを含め、担当の医師とよく相談しましょう。

■臨床試験は3段階ある
臨床試験は、それぞれ目的が異なる3つの段階があり、そのすべてをクリアしないと、標準的な治療法として認可されません。

・安全性を確かめる:第Ⅰ相臨床試験
新しい治療法の安全性を確かめます。対象となる人は少人数に限られ、がん免疫療法の場合は、ほかの治療法では十分な効果が望めない人が対象になります。安全性が認められ、かつ、有効である可能性があれば、第Ⅱ相臨床試験に進みます。

・治療効果を確かめる:第Ⅱ相臨床試験
回数や投与量などの治療内容を、がんの種類別に定め、治療効果を測定します。がんの治療の場合は、治療の前後でがんの大きさを比較し、効果の程度を判定します。効果があると認められると、第Ⅲ相臨床試験に入ります。

・治療効果の証明:第Ⅲ相臨床試験
従来の治療法と新しい治療法の効果、メリットなどを検討します。がんの種類や進行度が同程度の人を、新しい治療法(この場合はがん免疫療法)を行うグループと、従来の治療を受ける、または何もしないグループに無作為に分け、がんの大きさの変化や生存期間を調べます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がんと免疫・免疫療法
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.