自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

がん全体

がんで入院・手術の前後で行われること

更新日:

入院期間は、手術の内容や方法によって異なりますが、最近は全体的に短くなっています。

手術の1、2日前に入院して、術後の経過が良好であれば、抜糸後数日で退院となります。例えば大腸がんの場合、病院によっては開腹手術で、術後10日ほど、腹腔鏡手術だと術後7日ほどで退院できます。抜糸などは退院後に外来で行う場合もあるようです。

手術の規模や所要時間は、どの部位のどのくらいの範囲を切り取るかによって変わってきます。実際に病巣を見てみないとわからないこともあるため、開腹してから予定の手術時間より長くかかる場合や、手術の内容が変更になることもあります。手術中は、家族に病院内で待機してもらいます。

多くの病院では手術が終わった直後、家族におおまかな説明を行います。その後、集中治療室や回復室に戻り、状態が安定した頃に、再び詳しい説明が行われる場合が多いようです。

術後は合併症を予防するために、うがい、痰の吐き出し、腹式呼吸、体位交換などを積極的に行い、できるだけ早く歩き始めることが重要です。しかし、回復過程は個々の患者さんで異なりますから、とくに術後すぐは、勝手に起き出したりしないで、医師や看護師の指示に必ず従いましょう。

入院期間の短縮は、自宅に早く帰って落ち着いた環境で、療養できるというメリットがある一方、不安を感じる方もいるでしょう。経過が良好であればあるほど、退院まではあっという間です。

自宅療養の見通しを立てる上でも、できれば入院前や入院中から、退院後の準備も少しずつ進めておいたほうが、後で慌てなくてすみます。入院中は主治医や看護師と毎日頗を合わせ、話がしやすい時期です。

彼らが忙しそうでも、疑問は解決しておいたほうが退院後、困らなくてすみますので、日ごろから疑問点や感じたことをメモしておきましょう。こうして準備しておけば、短い時間で必要なことが聞けます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がん全体
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.