がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がん全体

がんのPET検査では何が分かるか

2014/02/13

「PET」とは、ポジトロン(陽電子)放出断層撮影法(Positron Emission Tomography)のことで、がん細胞が、正常な細胞よりブドウ糖の取り込みが多いという性質を活用して、ブドウ糠に似せた薬剤を注射し、薬剤が集まったところ(がんと疑われる部分)を画像化する検査です。

一度の検査で全身が検索できて、微小ながんも発見可能、従来のがん検診では発見しにくい部位(頭や骨など)も診断できるといわれていますが万能ではありません。検査薬が炎症部分にも取り込まれることがあり、胃がんや肝臓がんなどはPETでは見つけにくいともいわれています。

そこで、PET検査と従来のCT検査などを組み合わせる方法が有効といわれ、今後の主流になると見られています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がん全体
-