自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

がん全体

農薬と発がんの関係

更新日:

消費者として農薬が問題になるのは「農作物に残留している農薬を摂取することによる健康被害」です。

よくあるたとえ話に「農家は自分用の野菜には農薬を使わない」というものがあります。たしかに自家消費用に使わない農家もあるようですが、ほとんどの農家はすべてを自給自足をしているわけではないので、野菜や果物をスーパーで買ったりしています。

残留農薬が危険であれば、怖くて一般の店頭で購入できないはずです。農家の人がいう「農薬は危険」は、農薬散布の際に農家の人自身が直接吸い込んでしまう危険であって、消費者にとって危険であるかは別の話です。また、特別栽培農産物と残留農薬は違う視点にあるもので、特別栽培農産物は普通栽培に比べて散布回数が半分のものを指すだけです。

残留農薬という観点からみれば、収穫直前に散布された農薬が一番重要で、普通栽培と特別栽培農産物では残留農薬が検出される割合はあまり変わらないことがわかっています。農薬は、その安全性の確保を図るため、「農薬取締法」に基づき、製造、輸入から販売、使用に至るすべての過程で厳しく規制されます。

登録の際、安全性試験のひとつとして、変異原性(遺伝子の突然変異を引き起こす性質を調べる)試験や発がん性(マウスやラットのほぼ一生涯、約2年間に多量に食べさせて、発がんするかを調べる)試験が行われ、現代の科学技術の水準でヒトへの発がん性のリスクについて評価されています。

そして、発がん性のリスクがないと考えられる使い方で登録・商品化され、使用されています。ですから、農薬が残留していても安全な範囲で、残留農薬による発がんの可能性は低いといえます。気になる人は十分な水洗いと、農薬が残留しやすいくぼみや外葉を取り除きましょう。

一般的に、食品添加物や農薬が、がんのおもな原因とのイメージをもたれていますが、専門の研究者は、食事と喫煙がおもな原因で、食品添加物や農薬による発がんはほとんど無視できると考えています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がん全体
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.