自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

乳がん

乳がん乳房再建手術後に起こる合併症

更新日:

人工乳房は人体にとっては異物なので、自己防衛反応として、被膜(カプセル)が形成されます。

かつては被膜のできた人の約20%に、被膜がかたくなる被膜拘縮という状態が起こるという問題がありました。これは乳房が、まるで野球ボールのように非常にかたく変形する反応で、不快感が生じます。

多くは、マッサージをするとやわらかくなり、体に吸収されて改善しますが、なかには手術が必要になることもあります。最近使われているエキスパンダーやソフトコヒーシブシリコンでは、被膜拘縮はほとんど起こらなくなりましたが、予防のために、入浴中は浴槽の中で乳房をマッサージするようにします。

そのほか、ごくまれに、乳房に感染が起こることがありますが、そのときは人工乳房をとり除かないと治らないこともあります。

自分の体の組織を利用した再建の場合には、移植した皮膚や脂肪の一部が生着(移植した組織が正常に機能すること)しなかったり、皮膚の血流が悪くなって広範囲に壊死したりすることもあります。

人工乳房の場合も自分の組織を利用する場合も、過去におなかを手術した人、放射線療法を受けていた人、喫煙者、糖尿病の患者、肥満者などは、合併症が起こるリスクが高くなります。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-乳がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.