自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

その他の治療法

がんの免疫療法は効果があるのか

更新日:

外部からウイルスや細菌が入ってくると、体は自己防衛するために免疫機能という働きを利用して、外部からの侵入者を攻撃します。免疫療法は、この性質を利用して体の抵抗力を増強させて、がん細胞を攻撃するという方法です。

これまで「非特異的免疫療法」という、体全体の免疫力を高めて、がんもがん以外の侵入者も攻撃するという方法が、長年研究されてきました。しかし、最近では一歩進め、がん細胞だけに効果のある「特異的免疫療法」が盛んに研究されています。たとえば、「免疫活性リンパ球療法」という治療法が実用化されています。

リンパ球は、白血球のひとつで細菌やウイルス、がん細胞などを攻撃する役割を持っています。そこで、体内のリンパ球を取り出して人工的に力を増強させ、再び体内に戻します。この方法は、力を増強させるときに、がん細胞を集中的に攻撃するということを覚えさせることができます。

血液からリンパ球を選び出し、それにがん細胞をすりつぶしてぶつけると、がん細胞に対して反応を起こす物質が出てきます。これを何百倍、何千倍、何万倍と培養して、体に注入します。

肝がんや転移性の肝がんの症例では、肝臓動脈に注入すると、がん細胞に向かって流れていくため、非常に効果の出る人もいます。一方、腹膜播種の場合は、がん細胞がバラバラと散らばっているため、せっかく増強したリンパ球も全身に回ってしまうことになり、効果が薄れてしまいます。

このように、がんのできた部位によって、効果の程度は大きく変わると考えられます。ただし、この治療法は厚生省が認定した特定の施設でしかおこなわれていません。また、大勢の人の手で達成される治療なため、膨大な費用がかかります。

ですが、治療費用は保険対象にはなっておらず、1回30~40万円かかります。(1クールで100万を超えることが多い)それでも効果があるかどうかは、現在では判明していません。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-その他の治療法
-,

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.