自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

乳がん

乳がん「センチネルリンパ節生検」とは

更新日:

個人差はありますが、わきの下には30~40個のリンパ節があります。

そのなかに1個か2個、センチネルリンパ節といわれるものがあります。がん細胞がリンパ液にのって、最初に流れつくと想定されるリンパ節が、このセンチネルリンパ節です。ということは、このセンチネルリンパ節に転移がなければ、その先にあるいくつものリンパ節にも転移はないといえます。

■センチネルリンパ節生検とは

センチネルリンパ節を色素や放射性同位元素を使って同定し、手術時にそれのみを摘出して、手術中に病理検査に回すことによって、転移があるかどうかを判定するのが、センチネルリンパ節生検です。

手術中、センチネルリンパ節に転移が認められたときのみ、リンパ節郭清(切除)が行われます。転移が認められない場合には、わきの下の皮膚を2、3センチ切開するだけなので、傷口も目立たず、後遺症の心配もありません。

現在は、手術前にセンチネルリンパ節生検を行うこともありますので、治療方針の説明のときによく説明を聞き、しっかり確認しましょう。

ごくまれに、手術中に病理検査に回して、転移があるかどうか判定した結果と、組織診断の結果が異なることがあります。このとき問題になるのが手術中の診断で、センチネルリンパ節に転移がなく、組織診断で転移が認められた場合です。この場合には、リンパ節に転移している可能性があるので、リンパ節に放射線を照射したり、後日改めてリンパ節郭清(切除)をやり直したりする場合もあります。

また、患者さんのなかには、まれにわきの下にセンチネルリンパ節が見つからず、胸骨近くのリンパ節などで見つかるケースもあります。
・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-乳がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.