自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

がんと免疫・免疫療法

多数あるがんの免疫療法の種類

更新日:

<相手を特定しない非特異的免疫療法>
あやしいものを攻撃する、自然免疫の力を利用した免疫療法

・サイトカイン療法/BRM療法
免疫の仕組みを刺激する物質を使って免疫の働きを活性化し、がんを攻撃する力を底上げします。

・LAK療法(NK療法)/CAT療法
血液中からNK細胞やT細胞など、がんを攻撃する免疫細胞だけを取り出して刺激し、体に戻す方法です。CAT療法は、とくにT細胞だけを刺激する方法です。

<相手を特定する特異的免疫療法>
あらかじめ記憶した敵だけを攻撃する、獲得免疫を利用する免疫療法

・CTL療法(TIL療法)
CTL療法は、血液中から取り出したT細胞にがんのしるし(抗原)を記憶させ、体内に戻します。一方、TIL療法は、がんの抗原を覚えていると考えられる細胞を使います。

・DCワクチン療法/DCI療法
樹状細胞(DC)を使って、がんの抗原を免疫細胞に伝え、がんを攻撃させる方法です。

・がんワクチン療法
がんの抗原をワクチンとして注射する方法です。がん細胞の抗原を使う「腫瘍細胞ワクチン療法」と、人工抗原を使う「ペプチドワクチン療法」があります。

・抗体療法
がんを攻撃する「抗体」を、人工的に合成して使う治療法です。

■「自然」か「獲得」かで治療法が異なる

免疫の仕組みには、「自然免疫」と「獲得免疫」の2つがあります。それぞれ、活躍する免疫細胞の種類や、働き出す仕組みなどが異なります。がん免疫療法も、どちらの免疫の仕組みを利用しているかによって、2つのタイプに分けられます。

1つは、自然免疫の働きを利用し、体内のあやしいもの(がん)を攻撃する力を強くする方法です。攻撃目標を定めないため「非特異的免疫療法」と呼ばれます。一方、獲得免疫の仕組みを利用し、がんの特徴を免疫細胞に覚えさせ、がんだけを(特異的に)攻撃する免疫療法が「特異的免疫療法」です。

■がんの状態や特徴で使い分ける

どちらのタイプの免疫療法にするか、さらに、免疫療法のどの方法を行うかは、今までの治療経過やがんの状態、特徴、抗原の有無など、さまざまな要素を考慮して決められます。両方の利点をいかし、併用することも可能です。
・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がんと免疫・免疫療法
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.