がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

乳がん

乳がん患者と大豆のイソフラボン

2014/01/10

大豆には、ビタミンE、イソフラボン、サポ二ンが含まれています。

これらの成分には、抗酸化作用があり、がんなどの原因となる活性酸素から体を守る働きがあると考えられています。活性酸素には、ウィルスや細菌から体を守る働きがあります。しかし過剰になると正常な細胞を攻撃することがあり、遺伝子を傷つけ、がんの原因になることもあります。

イソフラボンは、乳がんや子宮がんを予防する働きや、骨そしょう症・更年期障害などの予防や改善にも寄与していると考えられています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-乳がん
-,