がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと免疫・免疫療法

がんの免疫療法と抗がん剤治療との組み合わせ

2014/02/08

以前は、抗がん剤が免疫細胞を破壊するため、抗がん剤とがん免疫療法の併用は意味がないといわれていました。しかし、最近は化学療法との組み合わせも研究されています。

■免疫療法で化学療法を補助する
化学療法後、減少した免疫細胞を補う方法と、化学療法の前に免疫療法を行って、副作用を防ぐ方法が研究されています。

■化学療法で免疫療法を補助する
化学療法でがん細胞を弱めておくと、免疫細胞が働きやすくなります。また、キラーT細胞の働きを抑える、レギュラトリーT細胞やサプレッサーT細胞の働きが弱まり、キラーT細胞の攻撃力が高くなる効果も期待できます。

化学療法は体内の免疫細胞を傷つけ、その働きを損なう副作用があります。そこで、がん免疫療法を併用することで免疫の低下を防ぎ、がんを叩く力を底上げするのです。ただ、それぞれの治療法とがん免疫療法を、具体的にどのように組み合わせるのがよいのかについては、今のところまだはっきりとしたデータは出ていません。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がんと免疫・免疫療法
-