自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

抗がん剤

手術のまえに抗がん剤治療をする意味とメリット

更新日:

現在のがん医療は、早期のがんで根治が望めるばあい、手術が第1選択肢になっています。

手術で患部と広がったまわりの組織をとってしまえば、いちばん安心できると考えられているからです。しかし、いくつもの種類のがんで、手術をする前に化学療法を用いて「術前化学療法」をするのが一般的になってきました。

それを医療側は「術前補助化学療法」または、「ネオアジュバント療法」(新しい補助療法)と呼んでいます。術前化学療法の目的は、(1)飛び散った小さながん(微小転移)をやっつけ、できればがんを小さくして手術の効果を確実にすることと、(2)再発をさらに確実に防止しようとすること、にあります。

また(3)化学療法は小さながんによく効くことがわかっています。それに(4)術前化学療法で確かめておけば、その患者にどの系統の薬が効くかがわかります。そして(5)手術のまえなら患者に体力があるので、スケジュールどおりに治療を完了することができます。以上が術前化学療法のメリットです。

たとえば転移が比較的早くおこる乳がんで、いちはやく術前化学療法が実施されてきました。がんが小さくなれば、乳房をぜんぶ切りとる「全摘」でなく、「温存手術」ができるかもしれないからです。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-抗がん剤
-

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.