がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がん全体

がん予防のための提言(14力条)とは?

1.食物供給と摂取
 野菜、果物、豆類、 精製度の低いでんぷん質主体の主食など、
 植物性食品が中心の食事にする。

2.体重の維持
 やせと肥満を避ける。成人期の体重増加を5kg未満に抑える。

3.身体活動の維持
 仕事を通じた運動量が多くない場合には、1日1時間の速歩き、
 またはそれに相当する運動をする。
 週に1時間以上、強度の運動をする。

4.野菜と果物
 1年を通して、1日400~800g、
 または5皿以上の野菜と果物を食べる。

5.ほかの植物性食品
 1日600~800g、または7皿以上の、穀類、豆類、いも類などを食べる。
 できるだけ加工されていない食品を選ぶ。砂糖を避ける。

6.アルコール飲料
 飲酒はすすめられない。もし飲むのであれば、
 男性は1日2杯、女性は1日1杯未満にとどめる。

7.肉類
 赤身の肉を食べるなら、1日80g未満にとどめる。
 赤身の肉より、魚や鶏肉のほうが好ましい。

8.脂質と油脂
 高脂肪食品(とくに動物性脂肪)を避ける。
 適量の植物油を使う。

9.塩分と塩蔵
 高塩食品を避け、調味塩や食卓での塩の使用を避ける。
 ハーブやスパイスを調味料に使う。

10.かびの防止
  かびた可能性のある食べ物を食べない。

11.食品保存
冷蔵庫やほかの適切な方法で食品を保存する。

12.食品添加物と残留化学物質
適切に規制されていれば、
  添加物や農薬などの残存化学物質は害にならない。
しかし、不適切な使用は健康への害となる可能性がある。
(とくに発展途上国で)

13.調理
焦げた食べ物を食べない。肉汁を焦がさない。
直火で焼いた魚や肉、塩漬けや薫製の肉を控える。

14.栄養補給剤(サプリメント)
上記の提言を守れば、がん予防のために栄養補給剤を
飲むことはおそらく不要である。

※喫煙:たばこを吸わない

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がん全体
-