自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

がんと食事・食材

がんに効く成分「脂肪酸(n-3系脂肪酸、オレイン酸)」

更新日:

脂肪のとりすぎは発がんの危険性を高める要因であるといわれています。

ただし、がんとの因果関係が疑われているのは肉や乳製品に多く含まれる飽和脂肪酸であり、植物性の不飽和脂肪酸に関してはエネルギーの過剰摂取にならない範囲内であれば問題ないことがわかっています。

不飽和脂肪酸は構造的に不安定で酸化しやすいという欠点があり、体内で過酸化脂質を作る原因にもなりかねないのですが、ゴマ油やシソ油(エゴマ油)に多く含まれるα-リノレン酸(n-3系脂肪酸)や、オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸は炭素の二重結合が少ないために比較的安定しています。

これらの脂肪酸は食物の酸化を抑えるだけでなく、体内の酸化を抑制することから発がんを防ぐ効果が期待されています。そうした意味でも、小麦胚芽油や大豆油、コーン油などに多く含まれるリノール酸(n-6系脂肪酸)ばかり使うのではなく、ゴマ油、シソ油、オリーブオイルなどもバランスよくとり入れることが重要です。

さらに明らかになったのが、魚の油として知られるDHAやEPA(α-リノレン酸と同じ、n-3系脂肪酸に属する)にがんを抑制する効果があることです。魚を食べる頻度が少ない国ほど、がんや生活習慣病の発生率が高いことは数々の疫学研究で証明されていました。

そこで、国立がんセンターなど国内の研究グループが、がんを誘発させたラットにDHAとEPAの入ったエサを与えて飼育したところ、発がんが抑えられただけでなく、がん細胞の増殖や多臓器への転移も抑えられたことが確認されたのです。とくに、大腸がんの前がん病変を抑えるのに有効との報告もあります。

ネイチャーメイド Fish Oil (魚油)EPA&DHAファミリーサイズ 240粒
大塚製薬 (2010-05-11)
売り上げランキング: 655

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がんと食事・食材
-, , ,

Copyright© がんと闘うために , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.