自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

がんの痛みへの対策

がんの「痛み」を医師に伝える方法

更新日:

がんによって生じるさまざまな痛みは、進行がんでは6~7割、終末期には8割の方が体験しているといわれています。

痛みには、「病気そのものによる痛み」「手術や薬物(抗がん剤)治療によって生じる痛み」、さらに「がんによって免疫が低下したことによる別の疾患の痛み」などがあります。

これらの痛みはがまんし続けていると、ストレスとなって回復が遅れたり、病気の進行を見逃したりすることもあるので、主治医にすぐ伝えましょう。WHO(世界保健機関)の調査によると、痛みの約8割は、鎮痛薬などの適正な使用によって調節できるといわれていますし、近年の緩和ケアでは、痛みの治療が積極的に行われています。

ただ、痛みは本人だけが感じているもので、検査の数値には表れません。第三者に理解してもらう客観的なデータなどがないのでわかってもらえず、はがゆい思いをすることもあるでしょう。

痛みについて主治医へ伝えるべき要素は、「いつから」「どこが(部位)」「ど のような痛みか」「どのくらいの痛みか」、そして、「その痛みによって、日常にどのような影響があるのか」といったことです。

この中の、「どのくらいの痛みか」は、一般的に痛みを数値で言いあらわすものさしが用いられています。痛みを数値で正確に表すのは、最初は簡単ではありません。医師への遠慮から痛みの度合いを低い数字で伝えてしまったり、逆に不安や不満から強く表してしまう場合もあるようです。最初の1週間は、自分が感じている痛みを一人で表して記録してみましょう。

慣れてくれば、このものさしで、痛みがどのように変化しているかを把握したり、痛みの強さを主治医に伝えて、痛みをやわらげてもらうことも可能です。痛みが緩和されれば、食欲不振や不眠の多くは改善されて、日常を支障なく過ごすことができます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がんの痛みへの対策
-

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.