自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

肺がん

タバコと肺がんの関係は?

更新日:

喫煙は肺がんの発生に密接に関係していることがわかっています。

肺がんのリスクとして最も重要なものはタバコです。日本でも最近は禁煙運動が盛んになり、喫煙率は低下しています。しかしまだ、男性の約20%、女性の約1%が喫煙をしています。

タバコをたくさん吸う人に肺がんが多いことはよく知られています。男性の約70%、女性の約26%が喫煙が原因で肺がんにかかっていると考えられています。男性では喫煙者は非喫煙者の約4.5倍も肺がんの発生が多く、女性でもほぼ同様の結果です。喫煙本数が多く、喫煙年数も長いほど肺がんの発生率は高いとされています。

たとえば、男性で、まったくタバコを吸わない人を1とした場合、1日20本を20年間吸い続けている人は、吸わない人の4.8倍、30年間では6.4倍の発生率です。また、タバコは若いとき(10代)から吸いはじめたほうが肺がんになりやすいといわれています。

禁煙期間は長いほど肺がんになるリスクは低下し、20年以上タバコを吸わなければ、肺がんになるリスクは非喫煙者とほぼ同様となるといわれています。

一方で、最近問題となっているのが「受動(間接)喫煙」です。つまり、自分は吸わなくても、近くの人が吸っているタバコの煙(副流煙)を間接的に吸ってしまう「受動喫煙」も、肺がんの発生に強く関与していると考えられています。このように、非喫煙者であっても「受動喫煙」の影響により、肺がんのリスクは高まるといわれています。

ヘビースモーカー(1日20本以上を20年以上)の夫を持つ妻の肺がんのリスクは、非喫煙者の約2倍も高いという報告もあります。喫煙が肺がんのきわめて大きなリスクであることは事実ですが、そればかりでなく、タバコを吸っている人の肺がんは非喫煙群と比鮫して進行がんが多く、治癒する割合が低いといわれています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肺がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.