がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

肺がん

肺がんにおいて放射線治療が行われるケース

2014/01/28

放射線治療は、放射線を照射することで、がん細胞を殺傷しようとする治療です。

放射線治療の進歩は目ざましいものがあり、この治療により5年生存する患者もたくさん出てきています。放射線治療の進歩は、正常組織への放射線量をできるだけ少なくして、がんの場所へたくさんの放射線量を照射できるように、機器の開発、照射方法の改良が加えられてきたことによります。

放射線治療は手術可能な患者に対して、第1選択として用いられることはありません。一般的には手術ができない、あるいは手術を拒否した患者に使用されます。また、術前や術後に抗がん剤との併用による放射線治療が行われることもあります。

小細胞がんの限局型では、抗がん剤との同時併用療法が標準治療です。非小細胞がんでは、手術ができない患者に対し、放射線単独あるいは抗がん剤との併用で用いられます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肺がん
-