がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

肺がん

肺がんのタイプ「腺がん」とは

2014/01/27

腺がんは肺がん全体の約50%を占めています。

そして男性の肺がんの約40%、女性の肺がんの70%以上を占め、多くは肺の奥のほう(末梢)に発生します。腺がんはほかの型に比べその性質は様々で、進行の速いものから遅いものまでさまざまです。

腺がんの典刑例ではX線写真で、丸い影(腫瘤陰影)として認められます。CT画像は肺を覆っている胸膜を強く引き込むようなくびれがあり、丸い、周囲が不整な陰影として認められます。このくびれは肺を覆っている胸膜を、がんが大きくなる過程で引き込んだことを示すもので、胸膜陥入像と呼ばれ、腺がんに特徴的な所見とされています。

腺がんは、円柱形のようながん細胞が腺腔をつくったり、乳頭状の構造を示すのが特徴です。腺がんにも細かく分類するとたくさんの種類があります。大きくなる(増殖)スピードが非常に速いものから、5年たっても少ししか大きくならずに、その時点で手術を行っても十分に治るようなものまでさまざまです。腺がんには陰影が小さくても、進行している場合もあります。
・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肺がん
-