自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

肺がん

肺がんの陽子線治療と重粒子線治療

更新日:

陽子線や炭素イオン線といった重粒子線は、ある一定の深さ以上には進まずに、停止直前に線量が最大になるという特徴を持っています。

この特徴を利用してがんの治療を行っているのが、陽子線治療とか重粒子線治療と呼ばれる放射線治療です。これらの新しい放射線治療は、がんの病巣に集中して照射が可能で、一方、正常組織への障害を少なくすることができます。

現在はまだこれらの新しい放射線治療設備のある病院は限られています。肺がんに対する陽子線治療は、5cm以下の大きさで、リンパ節に転移のない場合に行われています。

肺がんに対する新しい放射線治療の効果は、患者の状態に合えば、かなりの予後が期待できるといわれています。定位放射線治療は肺がんに対する保険適応がありますが、陽子線治療、重粒子線治療は保険適応がありません。したがって、高額の費用がかかります。ちなみに国立がんセンター東病院の陽子線治療は、患者の自己負担が288万3000円です。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肺がん
-,

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.