自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

子宮がん

子宮体がんのタイプと初期症状

更新日:

子宮体がんは生物学的に大きく分けると2つのタイプがあります。

ひとつは閉経後の高齢者に多くみられる分化度の低いがんです。がんは一般的に分化度が低いほうが悪性度は高いと考えられています。もうひとつは、前がん病変である子宮内膜症を経て子宮体がんに進展するタイプで、比較的若い人に多くみられ、悪性度の低い高分化のがんが多いといわれています。こちらは、女性ホルモンであるエストロゲンが、がんの発生に関与していると考えられています。

乳がんのホルモン療法に用いられるタモキシフェン(抗エストロゲン薬)や更年期障害に対するホルモン補充療法などで用いられる、エストロゲン製剤などを使用している人は注意が必要です。

なお、子宮体がんのもっとも目立つ症状は出血です。患者の約90%に不正出血がみられます。閉経後に少量ずつ長く続く出血がある場合は、早めに婦人科あるいは検診を受診し、子宮体がんの検査を受ける必要があります。ただし、検診などで子宮がんの検査という場合、子宮頸がんのみの検査を指すこともあるので確認が必要です。

子宮体がんの80%は1期または2期のため、出血が起きてから婦人科を受診しても初期のうちに治療することが可能です。出血があったら放置は禁物です。もし、月経とは無関係の出血、排尿痛または排尿困難、性交時の痛み、骨盤領域の痛みなどの症状が起きたら、婦人科医の診察を受けましょう。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-子宮がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.