自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

子宮がん

子宮・卵巣がんの手術による合併症

更新日:

子宮・卵巣がんの手術では腹部の切開が下腹部だけでなく、へそよりも上におよび、長くなるため、腹壁の傷に関連して以下の合併症が起こる可能性があります。

①傷の感染
へそ上までの長い傷、皮下脂肪が厚い、術中に卵巣腫瘍の内容液がもれた、腸管を損傷した、などが原因で傷の感染が起こります。予防のために、抗生剤を術中投与したり、皮膚を閉じる前に皮下脂肪組織を生理食塩水で洗浄したりします。傷が感染した場合は、感染している部位を開いて膿を出したほうが早く治ります。

②ケロイド
縫い合わせた部分が赤くはれ、盛り上がっている状態がケロイドです。傷の痛みの原因になります。下腹部の恥毛の生え際に多く起こり、下着とすれて痛みを覚えます。乾燥期は悪化するので、軟膏を塗ります。予防には皮膚の傷をテープ固定したり、アレルギーに対する薬を内服します。ケロイド形成には個人差が大きく、ケロイドの状態を改善するために形成外科での再手術を希望する患者もいます。

③腹壁瘢痕ヘルニア
縫い合わせた左右の腹筋が開いて腸が飛び出している状態です。皮下脂肪の下に腹膜に覆われた腸管がぺこぺこ触れます。肥満者に多くみられます。多くはへそを中心とした5cm以上の腹壁瘢痕ヘルニアです。このへルニアの範囲が狭いと、腸が腹筋に締め付けられて血行障害に陥ります。通常はヘルニアの範囲が広いので、このようなことはめったに起きません。飛び出したときはお腹の上から手で腸をなでながら元に戻します。予防には、術後2ヵ月間、腹帯を着用することが効果的です。ボディスーツやガードルで腹筋を外から押さえるとよいでしょう。着物を着て、帯で腹部をカバーするのも効果的です。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-子宮がん
-,

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.