自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

がん全体

人はなぜ癌になるのか?

更新日:

人間も動物も(それに植物も)がんになります。

生物ががんになるのは、その体をつくっている細胞が「分裂」して「増殖」することと深く関係しています。人間の場合を考えてみると、体を形づくっているふつうの細胞は、卵子が精子と結合し、分裂と増殖をくり返した結果として生まれたものです。しかしこうして生まれた細胞はどれも同じではありません。

はじめに生まれた細胞は、分裂をくり返しながら、しだいにさまざまな臓器や組織をつくるための特別の細胞へと姿を変えていきます。これを「分化」といいます。臓器や組織が完成すると、細胞はそこで分裂を停止します。

あとは「再生せよ」という指令が出されないかぎり、それらの細胞はそれ以上分裂・増殖しようとはしません。ところが、何らかの理由で細胞の中にある遺伝子の一部が傷くと、その細胞はふたたび増殖を、それも今度は急激かつ無秩序に開始し、周囲の組織に浸入するだけでなく、遠くの器官や臓器にまで移動して、そこでも増殖するようになります(転移)。

これが悪性の腫瘍細胞、つまりがん細胞です。細胞の分裂は、最終的にはその内部にある遺伝子によってコントロールされています。細胞の分裂に関係する遺伝子には、分裂を促す遺伝子と、分裂を抑える遺伝子がそれぞれたくさんあり、その両者がアクセルとブレーキの役目を果たしながら、分裂をコントロールしているのです。

通常は、これらの遺伝子に異常が起こらないかぎり、正常な細胞ががん細胞に変わる(=悪性化する、またはがん化する)ことはありません。しかし、それらの遺伝子が何カ所も傷つき、本来の役目を果たせなくなると、細胞はアクセルを踏み込んだままの状態となって分裂し続け、その数を際限なく増やしていきます。

細胞がいったんこのような状態になると、私たちの体の中には増殖する細胞をくい止める力がないため、それはしだいに成長してがん細胞の集団(がん)となり、周囲の正常な組織をも破壊するようになります。このようにしてがんが生じる過程に関わっている2種類の遺伝子のうち、本来なら決められたときだけ細胞分裂を促進する正常な遺伝子を「がん遺伝子」と呼び、他方、細胞分裂をストップさせる遺伝子を「がん抑制遺伝子」と呼びます。

そして、これら2種類の遺伝子が異常な状態になったときにはじめて、その細胞はがん細胞に変わります。いいかえると、人体にはじめから細胞をがん化させる特別の遺伝子が存在するわけではないのです。

では、これらの遺伝子の変異は、どんなときに起こるのかというと、まず、遺伝子の役割をもつ物質は「DNA」と呼ばれる分子です。そして、この分子を傷つけたり破壊したりするものは、それが何であれ、最終的に細胞をがん化させる原因となり得ます。

たとえば、一般に「発がん物質」と呼ばれる化学物質は、DNAを傷つけて細胞をがん化の方向へ推し進めます。また、細胞内でエネルギーを生産するミトコンドリアと呼ばれる小さな器官は、エネルギーを生み出す過程で、活性酸素(酸素フリーラジカル)と呼ばれる物質を放出しますがこれもDNAを破壊する作用をもちます。

放射線も、体の奥深くまで浸透して、DNAを切断してしまいます。さらに、皮膚が紫外線(太陽光に含まれている)を吸収すると、皮膚細胞のDNAが激しく傷つきます。人間に感染するある種のウイルス(RNAウイルス)も、遺伝子の中に入り込んで、しばしば細胞をがん化させます。

さらには、細胞が分裂するとき、遺伝子の暗号がわずかに間違えてコピーされることもあります。こうして私たちの体の細胞内の遺伝子は、さまざまな原因によってふだんから傷つけられているといえます。

しかしがんになるまでに長い年月がかかるのは、私たちの体は、傷ついたDNAを治したり、修復が不可能なまでにDNAが傷ついてしまったときに細胞が自ら死ぬしくみをもっているからです。こうしたしくみを逃れた細胞のみが、
悪質ながん細胞へと変化する、というわけです。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がん全体
-

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.