自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

がん全体

発癌物質で本当に癌は発生するのか

更新日:

「発がん物質」と聞くと、その物質を食事と一緒に飲み込んだり、その物質が皮膚などに接触しただけで、正常な細胞ががん細胞に変わってしまうかのような印象があります。

しかし発がん物質という言葉には、注意すべき点があります。これまでの研究で、たとえ発がん物質とされる物質を食べたり飲んだりしても、それによって正常な細胞が突如としてがん細胞に変身することはほとんどないということです。

明らかながん細胞が生まれるまでには、細胞が遺伝子のレベルで多くの変化(変異)を積み重ねる必要があるのです。さらに、どの物質が遺伝子の変化のどの段階で、どんなしくみで細胞のがん化を引き起こすかも、まだほとんどわかっていません。

にもかかわらず、ある種の物質に発がん性があるといえるのは、多くの動物実験の結果や、特定の職業とがんの関係、あるいは生活習慣や食習慣とがんの関係などを示すデータから、統計的にこの問題が調べられてきたからです。

がんを誘発し、人体に悪影響を及ぼす代表的な物質として有名になったのが、廃棄物の焼却などの際に大気中に放出される「ダイオキシン」です。これは以前から、非常に強い毒性と胎児の催奇性(胎児を奇形化させる性質)をもつことが知られていたため、発がん性を疑われでも不思議ではありませんでした。世界保健機関(WHO)も、発がん物質のリストに加えています。

ただ最近の研究で、ダイオキシンの発がん性は実際にはあまり強くないとする意見も出されており、タバコより発がん性は低いとする専門家もいます。では、私たちの環境に存在する物質で、"最強の発がん物質"は何かというと、それはピーナッツなどのナッツ類に発生するカビが放出する毒素「アフラ卜キシン」です。

これはかつて、奇形の七面鳥を生み出す原因物質として発見されたもので、生物の体内でDNAが複製されるときにこれを損傷し、がんを発症させると見られています。ネズミを使った笑験では、アフラトキシンを餌の中に15ppb(餌1グラム中10億分の15グラム)混ぜただけで、ネズミに100パーセントの確率で、肝臓がんが発症するという結果が示されました。

一方、体内でつくり出される発がん物質の代表が「ニトロソアミン」です。この物質は、私たちが食事をするときに食べものに含まれている第2アミンと亜硝酸という2つの物質が、胃の中で反応することによって生じる物質です。

また、体内でつくられる物質の中で、発がんに関係していると強く疑われているものに「活性酸素」があります。私たちの体内では、生命活動に必要ないろいろなはたらきを正常に維持するため、さまざまな化学反応が起こっています。これらの反応をスムーズに起すために重要なはたらきをしているのが酸素です。

ところが、酸素と他の物質との化学反応が起こる途中で、しばしば活性酸素という、他の物質と異常に反応しやすい不安定な物質がつくり出されます。これが細胞中のがん発生を抑える遺伝子(がん抑制遺伝子)に出合うとこれを傷つけ、その結果、がん細胞が生じると見られているのです。

もっとも、私たちの体は、こうした活性酸素を取り除く特殊な酵素(SOD)もつくり出しているので、活性酸素は際限なく体内に蓄積するわけではありません。しかし臓器によってはこのSODが少ないこともあり、そのような臓器の細胞は、活性酸素によって傷つけられやすいと考えられています。

また、発がん物質は、自然界にもたくさん存在します。WHOの国際がん研究機関によると、人間に対して明らかに発がん性を示す物質は63種類、疑わしい物質は約260種類にものぼります。これらの中には、いわゆる「環境ホルモン」と呼ばれる一群の物質も含まれています。

またそれぞれの物質の発がん性は同じではなく、発がん性のもっとも強いものともっとも弱いものでは、100万倍もの差があります。しかし、人間のがんの大きな原因のひとつが食事であることは疑いありません。

すべてのがんの35パーセントは食事によって発生する、という報告もあります。食物には、ごく弱い発がん性をもつさまざまな物質が少量ながら含まれています。食物からこれらを取り除くことは現実には不可能ですが、少なくともニトロソアミンの生成は、ビタミンCによって抑えられることがわかっています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がん全体
-,

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.