自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

がんと食事・食材

がんを予防する食品・食材「カテキン」

更新日:

がんの予防に効果があると噂される食品は、数限りなくあります。

それらの中には、動物実験でがん予防効果が確認されたとされるものも少なくありません。1993年に札幌で日本で最初のがんの化学予防に関するシンポジウムが開かれた際、もっとも多くの報告が寄せられたのは、緑茶のがん抑制効果でした。

以前から緑茶に豊富に含まれるカテキン(エピガロカテキン・ガレート=EGCG)と呼ばれる成分には、さまざまながんの増殖や転移を抑える作用があるとされていました。このシンポジウムでの発表によると、EGCGを投与されたマウスは、胃がんと大腸がんの発症率が明らかに低く、また皮膚がんの肺への転移も抑えられたといいます。

また韓国の研究者チームの報告では、たとえ喫煙者でも、毎日2、3杯の緑茶を飲む習慣をもつ人は、そうでない人に比べて、白血球に見られる染色体異常の出現頻度が低下したということでした。

94年には、九州大学大学院農学研究院のチームにより、肺がんや乳がんの細胞に微量のカテキンを与えると、その増殖力が半減することも判明しました。がん細胞の表面にある「転移関連たんぱく」と呼ばれるたんぱく質に対してEGCGが特異的に結合し、それが細胞の増殖を阻害するらしいということでした。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1996年には宝酒造バイオ研究所などが、
コンブやワカメに含まれる「U-フコイダン」と呼ばれる
物質の制がん効巣を雌認しました。

フコイダンには、がん細胞が自分を分解する
「自殺遺伝子」を活性化するはたらきがあるとされています。
ただし、そのメカニズムはまだ解明されていません。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がんと食事・食材
-,

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.