自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

乳がん

乳がんの化学療法は分子標的薬中心の時代に

更新日:

細胞が生きて行くためにはさまざまな指令を伝達する分子の経路(交通網)が働いています。

がん細胞では、その伝達経路が過剰に働いていたり働かなかったりして、細胞の異常な埋殖に繋がっています。その伝達経路のある分子を狙い撃ちにした薬物療法が、「分子標的治療」です。

乳がんで使われるトラスツマブやラパチ二ブはHER2を主に狙い撃ちにした分子標的療法で、HER2タンパクあるいはHER2遺伝子を過剰に持っている乳がんに効果を発揮します。

転移性乳がんだけでなく、術前、術後の薬物療法としても有効であることが検証されています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-乳がん
-, , ,

Copyright© がんと闘うために , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.