がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

肝臓がん

肝臓がんに放射線治療は可能か

2014/02/05

肝臓がんに対する放射線治療は、とくに注目を浴びています。

肝臓は放射線に弱い臓器なので、かつてはがんを殺すために十分な量の放射線を当てると、肝臓も傷害を受け、生命に関わるという事態が起きました。しかしいまでは、放射線をがんに集中させる技術が発達したため、肝臓をあまり損傷させずにがんを殺すことができます。

とりわけ陽子や炭素イオンなどの粒子をがんに衝突させてがんを殺す「粒子線治療」や、X線や電子線の流れを細く絞って体のあちこちからがんに集中させる「ラジオサージェリー」は、治療効果が高いとされています。

しかし、これらの治療を受けられる医療施設は、いまのところ限られています。これら以外の標準的な放射線治療は、ほとんどの総合病院やがんセンター、大学病院で受けることができます。

標準的放射線治療でも、適切な手法で行えば、粒子線治療やラジオサージェリーに遜色のない治療効果が得られると見られています。しかし、国内にはまだ放射線の専門医が少ないため、効果的な手法で治療を受けられる病院は多くありません。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肝臓がん
-