自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

肝臓がん

肝臓がんの自覚症状

更新日:

代表的な肝臓がんである肝細胞がんの患者のほとんどは、もともと肝炎や肝硬変を発症しています。

そのため、初期にはがんに特有の自覚症状はなく、肝炎や肝硬変による症状が中心となります。たとえば、食欲不振、倦怠感、腹部の膨満感、便秘や下痢、突然の腹痛、貧血などです。

肝細胞がん自体が原因で生じる症状には、腹がふくれた感じや不快感があります。がんが進行すると、強い脱力感、右の肩甲骨の痛み、みぞおちのしこり、腹部の腫れや痛み、体重減少、黄疸などが生じます。

しかしこれらの症状が出る頃にはがんは相当に進行しており、治療によって回復することは期待できません。他方、胆管細胞がんは、初期には自覚症状はほとんどありません。

しかし、同時に肝臓内の胆管に結石ができている場合もあり、結石による黄疸や腹痛を訴えて病院を訪れる例もあります。がんが進行すると、肝臓の腫れや黄疸が見られるようになります。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肝臓がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.