がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

肝臓がん

胆管細胞がんの標準的な治療法とは

2014/02/05

胆管細胞がんの主要な治療法は、いまのところ、基本的に外科手術です。

手術ができない患者や、完全にがん細胞が切除できなかった患者に対しては、化学療法や免疫療法、放射線治療などが試みられます。胆管細胞がんの化学療法では、これまで有効な抗がん剤がありませんでした。

しかし最近になって、代謝拮抗剤の、ゲムシタビンやTS1などが有効とする報告があり、試行錯誤で治療が進められています。しかし、胆管細胞がんは早期発見が難しく、しかも進行の速いがんなので、発見したときにはすでに積極的な治療が困難となっていることが少なくありません。このような場合は、患者の症状や痛みを和らげる緩和治療を行います。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肝臓がん
-