自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

乳がん

早期がんおよび手術可能な進行乳がんの治療

更新日:

早期の乳がんに対しては、基本的に手術(乳房温存手術か乳房切除術)を行います。

乳房温存手術後には、目には見えないがん細胞を殺すため、残された乳房に放射線を照射します。さらに再発予防のため薬物療法を追加することもあります。(薬物療法を放射線治療に先行させる例もあります)

がんが大きいときにはまず薬物療法を行い、がんを小さくします(新補助化学療法)。その後、手術で乳房を切除します。3a期までがんが進んでいても、薬物療法によってがんが十分に小さくなれば、乳房温存手術が可能です。

治療法の改善が進み、かつ早期にがんが見つかる例が増えているため、乳房温存手術を受ける人はしだいに増加しています。現在では、専門的な医療施設で手術を受ける乳がん患者の約3分の2が乳房温存手術を選択しています。

しかし、がんの大きさが(薬物療法後も)3センチ以上ある、がんが複数ある、余裕をもってがんを切除するには乳房が小さすぎる、胸に放射線照射を受けたことがある、などの場合には、温存手術を受けることはできません。

乳房の切除手術後は、患者の希望により、乳房をできるだけもとに近い形に戻す「乳房再建手術」を受けることもできます。乳がんは早期でもリンパ節に転移しやすいため、乳房を温存するときも、通常はわきの下のリンパ節を切除します。しかし、わきの下のリンパ節を切除すると、腕がむくむ、しびれるなどの副作用が生じます。

そこで、がんが小さく、リンパ節にも明らかな転移がないときには、「センチネルリンパ節生検」の臨床試験に参加できる可能性があります。これは、がんにもっとも近いリンパ節(センチネルリンパ節)を摘出してがん細胞の有無を調べ、がんがさらに他のリンパ節にまで広がっているかどうかを確認しようとするものです。

センチネルは英語で"見張り"とか"歩哨"を意味します。センチネルリンパ節ががんに侵されていなければ、その先のリンパ節には転移していないと考えられるので、それ以上の手術は必要ありません。しかしがん細胞が見つかれば、わきの下のリンパ節も切除します。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-乳がん
-,

Copyright© がんと闘うために , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.